ニキビ・シミにお悩みの方必見!漢方コスメの作り方をご紹介!

ニキビ・シミにお悩みの方必見!漢方コスメの作り方をご紹介!

漢方では、肌は内臓の状態を反映した鏡と考えており、古くから「美肌になる処方」が多く存在しています。和漢植物やハーブを使用し、お肌に直接塗ることも漢方の考えに基づくそうです。今回はニキビ、シミに働きかける漢方コスメの作り方をご紹介します。

漢方コスメの作り方〜ニキビ編〜

まずは、多くの方が知る「ハトムギ」を使用した漢方コスメをご紹介します。

「ハトムギ」は「ヨクイニン」と呼ばれる漢方薬のひとつで、紫外線や乾燥によってダメージを受けた肌本来の機能を正常に導く特徴があるほか、体内の余分な熱をとり、膿の排出を促す排膿効果が期待できます。

【ヨクイニンパックの作り方】
<用意するもの>
・ヨクイニン粉末 50g
・日本酒 180ml
・ガラス瓶

<作り方>
作り方はとても簡単です!煮沸消毒したガラス瓶にヨクイニン粉末と日本酒を入れ、冷蔵庫で1週間寝かせましょう。

<パックのやり方>
洗顔後、水気を拭き取った顔全体にヨクイニンパックをまんべんなく塗り、5分経ったら水かぬるま湯で洗い流しましょう。

<注意点>
漢方コスメを使用する際は、必ず腕の内側に適量塗ってパッチテストを行いましょう。万が一赤くなる、かゆみが出るなど以上が出たら使用を中止してください。

漢方コスメの作り方〜シミ編〜

シミが気になる人は「ソウハクヒ」という和漢植物を選びましょう。ソウハクヒは肌に塗ることでメラニンの生成を抑制し、過剰なシミやそばかすを防ぐ働きがあると言われています。

【ソウハクヒエッセンスの作り方】
<用意するもの>
・ソウハクヒ 10g
・ウォッカやジンなどのアルコール(約40度)100ml
・ガラス瓶
・遮光瓶
・茶漉しorガーゼ

<作り方>
1.ソウハクヒとアルコールを密閉できるガラス瓶に入れ、2週間〜1ヶ月、日の当たらない場所で寝かせます。(※1日1回ガラス瓶を振るようにしましょう。)
2.茶漉しやガーゼなどで濾過し、液体を遮光瓶に入れ替えます。

<使い方>
手持ちの化粧水やクリームに少量混ぜたり、100mlの精製水に5〜6滴程加えてオリジナルローションとして使用してもOK!完成後は冷蔵庫で保管し、半年以内で使い切るようにしましょう。

いかがでしたか?自然由来の美肌成分を配合した漢方コスメの作り方についてご紹介致しました。漢方の力で美肌を手に入れましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事