彼が急に来てもOK! レトルトカレーにチョイ足しで一気にプロの味

彼が急に来てもOK! レトルトカレーにチョイ足しで一気にプロの味

急に彼から「カレー食べたい」と言われたら要注意! 男性が好きな料理の筆頭に上がるカレーという食べ物。その分こだわりがある人も多いので簡単なようで好みを見抜いて手作りカレーを振る舞うのは難易度が高いけれど……。あるワザでグンと美味しいカレーができちゃいます。

簡単なようで難易度の高い彼からのリクエスト「カレー」。そこで、活用したいのがレトルトカレーです。ただし、そのまま使うのはNG。レトルトカレーってすごく美味しいものが多いけれど、なぜか「レトルトの味」と感じる独特の風味があって手作りカレーとは何かが違うんですよね。ちょい足し一工夫で手作りの味にリメイクする方法を伝授します。

「クミン」を使って一工夫

まずはレトルトカレーに混ぜるだけの簡単な方法から。使いこなしたいのはスパイスです。カレーの味が一気にプロっぽくなるのが「クミン」という種子のスパイス。クミンには「クミンシード」と呼ばれる原型のものと、「クミンパウダー」と呼ばれる粉末状のものがあります。ここで使うのはクミンシード。フライパンに大さじ1〜2杯のサラダ油を熱して、小さじ1杯程度のクミンシードを入れて熱します。焦げないように弱火でじっくり香りを引き出して、クミンの香りがうつったオイルを、サラダにドレッシングをかけるような感覚で温めたレトルトカレーにかければ、香ばしい香りが一気にカレーの味を底上げしてくれるんです。

インド料理にはサブジというメニューがあります。野菜をクミンなどの香辛料と塩で炒めて蒸し煮にしたもので、カレー味の野菜炒めのようなものです。なかでもクミンシードはナス、じゃがいも、オクラなどと相性が良いので、油で炒めてしっかりクミンシードの香りをだしたところに野菜を入れて炒め、塩と粉末のカレー粉で炒めたものをカレーの付け合せにしたり、具としてのせると本格的なカレーになりますよ。クミンシードは300円くらいでスーパーで購入できるので、1本持っておくと便利です。

【関連】彼の二股が発覚! 最後に選ばれる女性になるためのテクニック

卵とチーズでカレードリアに

レトルトカレーが大変身。コンビニで買える材料、パルメザンチーズと卵、バターがあれば簡単にできてしまうのがカレードリアです。

材料(1人前)
レトルトカレー(ビーフかキーマがおすすめ)1袋
白米 茶碗1杯分(約150グラム)
生卵 1個
パルメザンチーズまたは溶けるチーズ 適量
バター 小さじ1
あればドライパセリ 適量

作り方
1. 温かいご飯にバター(あればドライパセリも)を混ぜ、耐熱容器に敷く。
2. ご飯の上にカレーを載せ、真ん中を少し凹ませる。そこに生卵を落とし、チーズをお好みで振る。
3. オーブンで卵に火が通るまで加熱したら完成。

絶対に失敗しない簡単焼きカレードリアですが、チーズとバターのコクがあるので、そのままのレトルトカレーで食べるよりもグッと美味しく食べられます。パン粉があればチーズと一緒にかけると◎。サクサクとした食感が増してさらに美味しくなりますよ。

【関連】男はここを見ている!夏場のBBQで感じる「いい女」な振る舞いは?

オイスターソース+トマトケチャップで別物カレーに

ちゃんと料理するほどの時間がない、材料がない、という場合に混ぜるだけでレトルトカレーを美味しくしてくれるのが「オイスターソース」と「トマトケチャップ」。オイスターソースは中華系の炒め物でよく使われる調味料ですが、牡蠣の旨味が凝縮されているのでこれひとつでカレーを格段に美味しくしてくれます。また、トマトケチャップは酸味と甘味を補ってくれるのでカレーの味に立体感が出るんです。時間がないときはこの二つを入れて鍋で加熱すればそれだけでレトルトと思わせない味に仕上がりますよ。

「小腹が空いちゃった。何か食べるものある?」そんなリクエストに美味しいカレーで答えたら彼もイチコロ!? 冷凍ご飯とレトルトカレー、それに買い置きの調味料があれば急な「作って」のリクエストにも焦らず応えられるはず。彼好みの具を常備しておけば「外で食べるカレーより美味しい」と言われちゃいますよ!

関連キーワード

関連記事