いつの間にか黒ずんでいる!自分で出来る「ひざの黒ずみ」ケア

いつの間にか黒ずんでいる!自分で出来る「ひざの黒ずみ」ケア

暖かくなって薄着の季節になると、素足になる機会も増えてきます。そこで気になるのが「ひざの黒ずみ」。冬はノーマークになりがちですが、比較的黒ずみやすい部分なんです!自信を持って素足になれるよう、夏に向けてひざの黒ずみケアを始めませんか?

気付いたら黒ずんでる!? ひざの黒ずみの原因とは?

大人になると、ストッキングやタイツを着用する機会が多いですが、薄着の季節になると、素足になる機会も増えてきますよね。ひざの黒ずみはノーマークになりがちですが、いざ素足になった時に、ひざ周りが黒ずんでいると老けた感じや不潔な印象を与えてしまいます。黒ずみの原因を知ってケアをしましょう。

【膝の黒ずみ原因とは】

<摩擦>
関節であるひざは、頻繁に曲げ伸ばしされるので、衣類などによって摩擦が起きやすい場所です。摩擦などの刺激を受けると、肌を守る為に角質が厚くなったり、メラニン色素が作り出されます。メラニン色素が溜まっていくと、色素沈着を起こすので、黒ずみに繋がります。

<乾燥>
ひざは皮脂腺が少なく、皮脂や汗がほとんど出ないので、乾燥しやすいパーツです。乾燥したままにしておくと、刺激を受けやすくなり、黒ずみを引き起こします。

<日焼け>
ひざは出っ張っているので、紫外線を浴びやすいのです。紫外線を浴びると、メラニンの生成が活性化されるので、黒ずみの原因になります。

他にも、加齢によるたるみ、肌のターンオーバーの乱れ、皮脂汚れなども、ひざの黒ずみの要因と考えられています。

自分でできる!「ひざの黒ずみ」解消ケアと予防

既にできてしまった「ひざの黒ずみ」の解消方法と、黒ずみを予防する対策法についてご紹介します。

【ひざの黒ずみ解消ケア】

<スクラブでマッサージ>
既にできてしまったひざの黒ずみに関しては、毛穴の汚れと古い角質を落としてあげることが必要です。

湯船に浸かってひざの皮膚を柔らかくした後、スクラブなどを使って、優しくマッサージをしてあげましょう。市販のスクラブを使う以外にも、しっかり泡立てたボディソープに、一つまみの天然塩を加えてマッサージする・水を加えてペースト状にした重曹を使用する、という方法もあります。

スクラブ等で角質を落とした後は、化粧水でしっかり保湿してくださいね。頻度は週に1~2回でOKです。

【ひざの黒ずみを予防する日々の対策法】
・ひざの日焼け止め対策もしっかり行う
・ひざに刺激を与えない→スキニーデニムのような素材、硬めで細身なボトムス・膝立ち・ナイロンタオルでゴシゴシこする等、ひざに刺激が加わることは避ける
・ボディクリーム等で、しっかりと保湿する
・洗う時は、柔らかいタオルや素手で優しくあらう

いかがでしたか?どれも簡単に行えるものですので、日頃から意識してみてください。「ひざの黒ずみ」対策をして、自信の持てるひざを手に入れましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事