美胸を邪魔するNG習慣を見直して、ふっくら上向き美しいバストへ!

美胸を邪魔するNG習慣を見直して、ふっくら上向き美しいバストへ!

年齢を重ねるにつれてバストに自信がなくなってきたと悩んでいる方は、加齢がその原因だけなのではなく、生活習慣が原因かもしれません。美乳を邪魔するNG習慣を改善して、ふっくらとした美しいバストを保ってみませんか?

バストの悩みは加齢だけじゃない?美乳を邪魔する原因

ハリ不足などのバストの悩みは、年齢によるものだから仕方ない…と諦めている方も多いのではないでしょうか?実は、バストの悩みは加齢によるものだけでなく、普段の生活習慣が影響していると言われています。バストの悩みを解消するためにも、毎日の生活の中でうっかりやってしまいがちなNG習慣を見直すことから始めていきましょう。

うっかりやりがちな美乳を邪魔する4つのNG習慣とは?

美乳を邪魔するNG習慣とは、どのようなものがあるでしょうか。

【うっかりやりがち!美乳を邪魔するNG習慣とは】

<NG習慣その1>
バストが垂れてきたと悩んでいる方は、姿勢の悪さに原因があるかもしれません。知らず知らずのうちに背中が丸まって猫背になっていると、大胸筋などの血流が悪くなり、バスト周りが冷えて栄養が上手く届かずにハリや弾力を失ってしまいます。肩をぐっと後ろに引くイメージで背筋を伸ばし、お腹をきゅっと引き締めて正しい姿勢を保つことが大切です。自分の姿勢は問題ないか、鏡を見て確認してみてくださいね。

<NG習慣その2>
家にいるときや就寝時にブラジャーを着用せずにいるのも、垂れたバストの原因になりやすいため要注意。ブラジャーの締め付けが苦手だからといってなにもつけずに過ごしていると、バストが上下左右に引っ張られたり、重みにより垂れやすくなってしまいます。ブラジャーの締め付けが嫌な方は、日中はノンワイヤータイプのブラジャーを、就寝時にはナイト用ブラジャーを着用するといいですね。お店でバストのサイズを測って、自分に合ったブラジャー選びをすることも重要ですよ。

<NG習慣その3>
身体が冷えているとバストに栄養が行き渡りにくくなってしまいます。特に二の腕を冷やすとバストに届く血流やリンパの流れが滞ってしまうため、気をつけましょう。ゆっくり入浴をして身体の芯から温まったり、毎日温かい飲み物を飲んで身体を温める食材を摂ることも効果的。

<NG習慣その4>
ジョギングなどの激しい運動をしていると、網目状に張り巡らされてバストの形を保つクーパー靱帯が切れたり伸びたりしてしまう場合があると言われています。激しい運動やエクササイズを過剰にしすぎないように気をつけて、バストに負担をかけないように心がけることをおすすめします。

NG習慣を改善して、ハリのあるバストを目指そう

バストのハリや弾力のなさに悩んでいる方は、姿勢・冷え・ブラジャーの着用・過剰な激しい運動を見直し、改善してハリのある上向きバストを目指してみてはいかがでしょうか。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事