ジェルネイルのお休み期間は、健やかな爪を育むネイルケアを!

ジェルネイルのお休み期間は、健やかな爪を育むネイルケアを!

時々はジェルネイルやマニキュアをお休みして、爪を休めておくことが大切ですが、そのお休み期間をうまく利用してしっかりネイルケアをしておくことで、健やかな爪を手に入れることができます。集中ネイルケアで割れにくい健康的な爪を目指してみませんか?

健やかで綺麗な爪にはネイルケアが欠かせない!

頻繁にジェルネイルをしていると、爪が乾燥して割れやすくなったり、二枚爪や筋がつきやすくなってボロボロになってしまいがちです。ジェルネイルのお休み期間中は、自爪を労わり柔軟性のある健やかな爪にするためにも、しっかりネイルケアをしていきましょう。

ネイルのお休み期間で綺麗な自爪に!簡単ネイルケアとは?

割れにくく健康で、綺麗な形の自爪になるには、「爪やすりを使って爪を整えること」「オイルでの保湿とマッサージ」「食生活の見直し」の3つがポイントです。

普段爪を切るときに爪切りを使っている方は、切ったときの衝撃で二枚爪になりやすいため、なるべく爪やすりを使うといいでしょう。様々な爪やすりが売られていますが、ガラス製や金属製のものを使うと爪に衝撃を与えたり削りすぎる場合があるので、紙製の爪やすりがおすすめですよ。

爪やすりで爪の形を整えるのは慣れるまでに手間がかかりますが、爪への負担を軽減することで健やかな自爪に近づきます。無理にたくさん削ろうとせずに、何日かに分けて少しずつ丁寧に削っていきましょう。

そして、健やかな自爪には保湿ケアが欠かせません。キューティクルオイルやネイルクリームを使ったり、天然の植物から低温で圧搾された肌に優しいオイルもおすすめです。

お風呂やぬるま湯に爪をつけて柔らかくしたあと、水分を拭き取ってからオイルを爪と爪周辺にマッサージするように馴染ませて、仕上げにハンドクリームを塗り込みましょう。寝るときにはナイトグローブをするのも効果的ですよ。爪の保湿は1日に何回か頻繁に行ってくださいね。

そして、食生活の見直しも大切です。特にタンパク質・ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンE・鉄分は爪を強くする栄養素だと言われているため、積極的に摂るように心がけましょう。

爪やすり・保湿・食生活の3ステップネイルケアで健康的な自爪に

爪を切るときは爪やすりを使って、オイルやクリームでマッサージと保湿ケアをすることや、強い爪に導く栄養素を摂取して、割れにくく綺麗な自爪を手に入れてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事