20代から始めたい、透明感のある肌に近づくための基本の美白ケア

20代から始めたい、透明感のある肌に近づくための基本の美白ケア

肌老化の原因は紫外線によるものが80%と言われています。シミやくすみを予防するなら、日常的に美白ケアをすることが一番の近道。まだまだ美白ケアは必要ないと思っている20代の方も、今から美白ケアを重ねることで未来の肌の悩みが最小限に抑えられるかも!?

20代からの美白ケアと紫外線対策で肌老化をストップ

紫外線を浴びると、シワやシミ、くすみや乾燥、毛穴トラブルなどあらゆる肌トラブルを引き起こします。肌老化は紫外線によるものが80%、加齢によるものが20%とも言われているため、20代のあなたでも、年齢を問わずに紫外線対策が必要不可欠です。

また、念入りな紫外線対策と美白ケアをしておくことで、シミやくすみの予防、肌老化の予防にもつながりますよ。

20代におすすめの基本の美白ケアとは?

美白ケアは丁寧に行うことが大切です。ちょっとした近場への外出や、外に洗濯物を干すときも油断は禁物。 日焼け止めクリームは少なすぎると効果を期待できないため、パッケージなどに記載されている目安量より少し多めにたっぷりムラなく伸ばしていきましょう。一度全体的に伸ばしたら、さらに二度塗りすることをおすすめします。

特に忘れがちなのは、首筋やデコルテ周り、耳の後ろ、うなじ。身体の紫外線対策をするときにはこれらの部分も忘れずに行いましょう。また、顔の場合は、鼻の先や頬の高い部分に紫外線が最も降り注ぐので、皮脂や汗で崩れ始める前にこまめに2〜3時間ごとに塗り直すと尚いいですね。

そして、基礎化粧品での美白ケア。洗顔やクレンジングをするときにゴシゴシ擦ると肌に刺激を与えてシミの原因になってしまう場合があるので、擦らず優しく洗っていましょう。化粧水でたっぷり潤いを与えたら、ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸などの美白成分が配合された美白美容液を取り入れて、顔全体に伸ばし、気になる部分に重ね付けをしていきましょう。仕上げに乳液やクリームで潤いに蓋をして完了です。

そして、日頃から栄養バランスが整った食生活を心がけることも大切。美肌を保つためにはタンパク質を基本に、抗酸化作用のあるビタミンA、メラニンの生成を抑えるビタミンC、血流促進効果により肌の新陳代謝をサポートするビタミンEなどを積極的に摂るようにするといいでしょう。

うっかり紫外線を浴びたときはアフター美白ケアを忘れずに!

紫外線対策をしっかりしていても、長時間外にいたり、汗などで日焼け止めが流れてしまったときなどは、うっかり日焼けをしてしまいます。そんなときはすぐに水や冷やしたタオルでクールダウンをしてから、刺激の少ない化粧水で保湿ケアを行い、たっぷり水分補給とビタミンCを摂取するアフターケアを行うことが大切ですよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事