まぶたが下がる「眼瞼下垂」とは?おすすめの解消法について

まぶたが下がる「眼瞼下垂」とは?おすすめの解消法について

起床後に目をこすったり、まぶたをひっぱりながらアイメイクをしていませんか?まぶたに負担をかけてしまうと、眼瞼下垂という症状を引き起こし、肩こり・頭痛などの不調を引き起こす原因になることもあるそうです。今回はその解消法についてご紹介します。

まぶたが下がる「眼瞼下垂」の原因について

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、目を開けようとしてもまぶたが上手く開かない症状のこと。眼瞼下垂になると、まぶたを引きあげようとおでこや眉毛に無理やり力を入れるため頭痛・肩こり・手足のしびれなど様々なトラブルを招きやすくなります。

原因は、眼精疲労によって無意識に目をこするなどの習慣だそうです。目こすりを毎日繰り返していると、まぶたを引き上げる「ミュラー筋」が伸びてしまうため、眼瞼下垂を引き起こしてしまうと言われています。

症状に気付くまでは単なる老化現象と勘違いしやすいのですが、眼瞼下垂は、新生児からご年配の方まで幅広く見られる症状なんだそう。特に現代社会はPC作業・スマホでSNSを見たりと目を酷使する機会が多い分、若い世代の女性も注意が必要です。

まぶたをリラックスさせるおすすめの解消法!

眼瞼下垂を治すには手術を受けることで問題を解決することができますが、病院によっては予約でいっぱいになっている医療機関もあるため、誰もが今すぐに受けられるわけではありません。そこで、眼瞼下垂によりまぶたを無理して開けているあなたでも、簡単に実践できる、まぶたの筋肉をリラックスさせるおすすめの解消法についてご紹介します。

【眼瞼下垂を少しでも軽くするおすすめの方法】

<口ポカーン!トレーニング>
1.椅子に座り、肩の力を抜いてがくんと頭を下げましょう。
2.口をあけ、「ポカーン」とした状態になりましょう。この時、目の玉を下方向へ垂れ下げるようなイメージで行うとよりまぶたの緊張感がスムーズにとれやすくなります。

<催眠術風眼球運動>
1.振り子(ネックレスでもOK!)を左右に振ります。
2.下を向き、まぶたを上げないよう意識しながら目で振り子を追いかけましょう。こうすることでまぶたと眼球の緊張がゆるみ、ミュラー筋のセンサーが引っ張られなくなるそうです。

いかがでしたか?「フェイスケアをいくら頑張っても目元のたるみが治らない」「原因不明の不調を抱えている」などの症状に悩まされている場合は、もしかすると眼瞼下垂かもしれません。心配な方は一度、お近くの病院へ足を運ぶことをおすすめします!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事