速攻若返りたい!朝の身支度の時間で「ながら美容」テクニック

速攻若返りたい!朝の身支度の時間で「ながら美容」テクニック

朝起きると「顔がむくんでる…」「くすんでいる…」「シーツの跡がついている…」など、忙しい朝が一番、顔の不調を感じる方も多いのでは?でもゆっくりお風呂に入って体を温めている時間なんてない!という方にオススメの「ながら美容」を調べました。

朝の「ながら美容」で若返りを目指しましょう!

大切な用事がある朝に限って、起きると顔がむくんでいて困った!なんてことありませんか?

むくみの原因である老廃物や水分を流すために、半身浴を行いたいところですが、朝にそんな時間はない!という方にオススメなのが、顔のマッサージ。まずは、そんな時に使える小技のご紹介です。

【顔のむくみに◎】
<顔のマッサージ>
洗顔後の化粧水やクリームをつける時に同時に行えます。あごの下から耳の後ろ、耳の後ろから首筋を撫でます。水分を押し出すイメージで10回ほど行ってください。

<肩甲骨まわし>
もう一つむくみにオススメなのが肩甲骨まわしです。支度をしながらでもリンパを流すことに集中できます。肩に手を置き、肩甲骨が動いているのを意識しながら肘を後ろに10回まわします。この時、肩はなるべく動かさないようにしましょう。
【顔のくすみに◎こめかみをさする】
化粧水などをつけている時にこめかみ部分を上下にさすります。往復で20回が目安です。耳の近くには血流に関するツボが集中しているため、くすみの改善に期待できます。

【顔についたシーツの跡◎手であたためる】
血流をよくすることで消えやすくなるそうです。蒸しタオル後に化粧水でパックをする方法もありますが、時間がない時は、上記のマッサージに加え、化粧水をつける時にシワの跡の部分を手であてて温めてあげましょう。

【ほうれい線が目立つ時◎保湿と歯ブラシマッサージ】
乾燥していることで朝はほうれい線が目立つこともあるので、化粧水やクリームに加え、歯磨きの時に口内からほうれい線を押し返すように歯ブラシをあてます。上方に押し上げるようにすると良いそうです。

【まぶたが腫れぼったい時◎温冷タオル、綿棒押し】
むくみが原因でまぶたが腫れぼったくなっている時は蒸しタオル後に冷やしたタオルをあてるのが良いのですが、時間がない時はアイブロウを描く前に綿棒を使ってマッサージをしましょう。短く持った綿棒を眉毛に沿って10往復させます。綿棒は肌に垂直にあてるのがコツです。

朝の「ながら美容」、ぜひ試してくださいね!

いかがでしたか?特別なものは必要なく、忙しい朝に出来る「ながら美容」なので困った時はもちろん、毎日の身支度でもプチケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事