「なんの匂い? すごくいい香り」と思われる香りのまとい方4つ

「なんの匂い? すごくいい香り」と思われる香りのまとい方4つ

「正体はわからないけどいい香り」って惹かれます。「あのブランドの香り」とはっきりわかる香りではなく「なんだかよくわからないけどすごくいい香り」と思われたい人も多いのでは? そんな「なんの香り? もっと知りたい……」を実現させるまとい方があるんです!

香水をつけるならとにかく服の下!
ロールオンアトマイザーでよりさりげなく

香水って、どこにつけますか? いろんなポイントがありますが、「ふんわり、さりげなく」香らせたいなら、服にかくれる部分につけるのがオススメです。下半身に近いほうが、よりさりげなく香りますが、下半身は上半身より体温がやや低めなことも。人によっては「トップノートがいつまでも続いてしまう」など、香りかたが変わってしまうこともあります。ウエスト周辺につけると、程よい距離といつもの香りかたを両立できるでしょう。さらに、同じ香りでもロールオンアトマイザーに入れて使うと香りが拡散しづらくなります。スプレー式より量の調節がしやすく、面ではなく点や線状につけられるのがその理由です。同じ香水でも、香った瞬間に香水のロゴが思い浮かぶような香り方ではなくなり、「いつもいい香りするけど何?」と聞かれるような優しい香りになりますよ。

自分と、近い人にだけほんのり♡
練り香水を使う

よい香りでも、強すぎ&拡散し過ぎる香りは、周りの迷惑になりそうでちょっと……そんな人にオススメのアイテムが「練り香水」。耳の後ろなどにつけておけば、自分とごく近くの人にだけ香るので、お仕事シーンでも安心して使えるのが嬉しいですね。「savon」の香りが人気のshiroの練り香水は、爪回りの保湿にも使えるのだそう。もともとほのかな香りたちなので、動きのある手先につけてもうるさくなりません。さらにさりげないのは「VIE.」の練り香水。3タイプあり、バニラとゼラニウムを基調に、ウッド系をプラスしたものや、シトラス系にユーカリをプラスしたものなど、アロマオイルのような香りを楽しめます。香水っぽさをできるだけ排し、自然そのもののいい香りを追求したい人に試してほしいアイテムです。

shiro サボン 練り香水

VIE. TOKYO ソリッドパフューム

部屋だけじゃなく本人もほんのり香る
ルームフレグランス

香水ともシャンプーとも違う系統の、すごくいい香りがほのかにする……。そんな人に出会うことがたまにあります。本人に聞いても「シャンプーくらいしか心当たりがないよ」なんて言われるもの。本当に羨ましく思っていましたが、理由のひとつに「ルームフレグランス」があるようです。ある人のお家にお邪魔した時、本人から香るのと同じいい香りが部屋を満たしていました。聞けば、ずっと愛用しているディフューザーがあるとのこと。いつの間にか服や持ち物にも同じ香りがつき、「部屋をいい香りにしていたら外でも香る」というのが正解のよう。それだけでは心もとない、もう少し香ってもいいな……という人は、「下着と石けんを一緒に収納する」テクニックも併用してみては?

ほのかに長ーく香るものも!
柔軟剤を厳選する

香水ほどじゃなくていいけど、ほのかにいい香りを漂わせたい……。そんなときに頼れるのが柔軟剤。のはずなのですが、最近は香水以上に香りが強いものも多く、自分だけのひそかな楽しみとは言えないことも増えました。そんななか、オススメしたいのがオーガニックでノンシリコンの柔軟剤「La Corbeille オーガニック ランドリー オーキッドの香り」。オーキッドと言うと華やかで重い香りのイメージですが、コレは爽やか。そして控えめ。ほのかなのに一日中香ります。消臭力もあるので、じんわり汗の防臭になるのもいいんです! 香りだけではなく、衣服のシワになりにくさ、洗い上がりのやわらかさなど、本来の柔軟剤としての機能も上々。コレ一本だけで「何となくいい香りのする人」になれます。さらに、最近の柔軟剤ではレアな存在「無香料タイプ」もあるのが嬉しいところ。香水愛用者はそちらを選ぶと香りのバッティングがなくなり、好きな香りをより楽しめるでしょう。

La Corbeille オーガニック ランドリー オーキッドの香り

一瞬香ってすぐわからなくなるような、本当にさりげない香り方って謎めいてステキ。アイテム選びやつけ方で、ふんわりしたいい香りが実現します。暖かくなる季節にむけて、試してみてくださいね。

関連キーワード

関連記事