ストップ!寝る前のスマホは肌荒れの原因になるからやめて!

ストップ!寝る前のスマホは肌荒れの原因になるからやめて!

スマホは生活の中で欠かせない存在という人は多いでしょう。情報収集や便利なアプリは、ちょっとした時間にも活用できますよね。でもついついやりすぎてしまって寝る直前までスマホをいじっていませんか?実はコレ、肌荒れの原因と言われているんです!

寝る前のスマホが肌荒れに?その原因は交感神経?

昨夜、ベッドでの行動を思い出してみてください。寝る前にスマホをいじっていませんでしたか?眠くなるまでスマホをいじって、枕元に。もしかしたらスマホを見ながら眠りについていたかもしれませんね。

ゲームやSNS、スマホはどこでも見れてしまう手軽さゆえ、寝る直前までいじってしまうこともあると思います。こうした寝る直前のスマホは交感神経が刺激されて覚醒状態がつづくため、なかなか寝付けなくなります。

さらにその影響は、なんとお肌にまで及ぶと言うのですから、美容の観点からも夜、寝る前のスマホには気をつけなければなりません。

本来寝る前は「副交感神経」が有利に働いていて、心身ともにリラックス状態であるのに対し、緊張感が高い状態にある「交感神経」が有利に働いてしまうのは、スマホやPC、テレビなどの強い光を目から受けることが原因とされています。

そんな緊張状態がつづいてしまうと、寝付きが悪くなったり、睡眠の質が悪くなったりします。肌荒れの原因は、この睡眠の質の悪さに影響します。お肌の新陳代謝は寝ている間に行われるため、いかに良い睡眠を十分に取れるかが鍵なのです。

肌荒れだけじゃない?寝る前のスマホで起こるさまざまな症状

交感神経が優位に働くと、体内の男性ホルモンも増加すると考えられています。皮脂の分泌が活発になったり、角質層を厚くする作用があることから、毛穴がつまりやすく、ニキビなどの肌荒れを引き起こす原因にもなります。

また長時間スマホやPCの画面を見ていると、目にも大きな負担がかかってしまいます。ドライアイになったり、眼精疲労を引き起こす場合もあります。頭痛や肩こりにもつながる可能性もあるので、気をつけたいところです。

寝る前は、できるだけ1時間前くらいからはスマホを見ないようにして、眠ることに集中しましょう。1日の最後のスマホいじりをやめるだけで、無駄な肌荒れを防げるのなら、少しくらいスマホをいじるのを我慢してみても良いのではないでしょうか。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事