その食生活が便秘の原因だった!腸内環境を壊す食べ物とは?

その食生活が便秘の原因だった!腸内環境を壊す食べ物とは?

便秘は女性にとって永遠の悩みとも言えるほど、身近な問題です。ですが、実は食べ物によって便秘になりやすかったり、解消できたりするので、食生活次第で腸内環境を整えることも可能なのです。あなたの便秘の原因はこの食べ物だったのかもしれません!

便秘になりやすい食べ物って?主食のアレが原因?

便秘解消に効果的な食べものと言ったらなんでしょうか?食物繊維が豊富な大豆やイモ類、キノコにごぼうなどが思い浮かぶでしょう。他にも発酵食品のヨーグルトも代表格ですよね。

こうした便秘解消の食べ物はよく聞きますが、反対に便秘になりやすい食べ物があることをご存知でしたか?食べ物によっては胃腸の動きを弱めてしまうなど、さまざまな要因が考えられますが、まずは便秘の原因にもなる食べ物を見ていきましょう。

一番代表的なものは「肉」でしょう。肉に含まれるタンパク質は腸内で悪玉菌を増やしてしまいます。とは言え、主食とも言える肉を食べないようにするのはとても難しい話。

なので、便秘がちで腸内環境を整えたいときなどは、肉を食べるのを控えるなどにとどめると良いでしょう。また、肉を食べる場合は野菜もしっかりと摂るようにし、栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

ほかには「タンニン」を含むお茶や柿も摂りすぎると、ぜん動運動を抑えてしまう作用があるのだとか。これも便秘がちな人は避けた方が良いでしょう。

またこれから食べる機会も増えそうなアイスクリームなどの冷たい食べ物も注意が必要です。体を冷やしてしまうので、血流が悪くなり、腸の動きも低下してしまいます。そのため便を出す力が弱くなり、便秘を引き起こしてしまうのだとか。

便秘になりやすい食べ物も、野菜を食べてバランス良く!

こうした便秘を引き起こしやすい食べ物を食べ続けていると、慢性的に便秘になってしまうケースも考えられますので、できるだけ食物繊維などを意識して、便秘の予防、解消を心がけた食生活を送りましょう。

たとえば毎食は難しくても、朝はスムージーを飲むなどで野菜を摂るようにするなど、無理のない工夫で便秘を解消させることもできます。忙しい毎日でストレスを抱えると胃腸の状態も悪くなります。まずは食事から便秘解消を心がけてみませんか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事