腕時計のベルトが汗で臭い!不衛生過ぎて腕の肌トラブルの原因に?

腕時計のベルトが汗で臭い!不衛生過ぎて腕の肌トラブルの原因に?

みなさん腕時計をしていますか?毎日のように着ける腕時計も、いつの間にか汗が染み込んで強烈な臭いを放つことがありますよね。ひどいと腕周りがかぶれるなどの肌トラブルを引き起こすことも。こうした腕時計の問題、どのように対処したら良いでしょうか?

腕の臭いやかゆみは汗が原因?不衛生な腕時計が肌トラブルに?

ビジネスシーンに、普段使いに。スマホで時間をチェックする人は多くなりましたが、それでも腕時計はファッションという意味でも確立されたアイテムです。

特に1日中着けた腕時計を外すときに、強烈な臭いを感じることはありませんか?さらに手首に赤みやかぶれなどの肌トラブルが起こることも珍しくありません。

人間の皮膚表面には、目に見えない小さな菌が存在します。菌は「汗」を餌として繁殖し、かゆみや臭いを発生させると言われています。つまりしっかり衛生管理を行わなければ、腕時計をつけるたびに、こうした肌トラブルがついて回るのです。

さて、では一体どのように衛生管理すれば良いのでしょうか?

一番気をつけたいのは腕時計に付着した汗。腕自体は手を洗うときや入浴時などで洗う機会がありますが、腕時計は意識的に衛生管理しなければ、残った汗が長期間放置されてしまい、どんどん不衛生な状態になってしまいます。

まずはセルフチェックとして、腕時計の文字盤の裏側を見てみましょう。細かく汚れ具合や臭いを確認してみてください。金属やブレスタイプのものは、つなぎ目に汗や皮脂が付着していることも多いです。

頻繁に腕がかゆくなったり、荒れたりする人はこうした気付きにくい部分に汚れがたまっていることが多いそうです。

腕時計をキレイに保って肌トラブルを防ごう!

では具体的にどのように腕時計をキレイにしていくかですが、まずは毎日腕時計をはずしたら、必ず汗や皮脂をふき取るように徹底しましょう。腕時計自体に汗の付着を防ぐことは難しいですが、ふき取ることで、ある程度のかゆみなどは防ぐことができます。

また制汗性の高いデオドラントを腕部分に塗るのも効果があると言われています。発汗を防ぐので、腕時計に染み込む汗自体が少なく済むでしょう。

金属などで細かく組み合わさってできているタイプの腕時計は、定期的に専門店でのクリーニングするのがおすすめです。なかなか自分では細かい部分までキレイにするのは難しいです。

赤みやかぶれは腕時計をしているときは隠れていますが、プールや温泉で外したときに腕が汚いと不衛生な時計をしていると思われるかもしれません。できるだけ腕時計を清潔な状態にして、肌トラブルのないキレイな腕を保ちたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事