【アラサー肌】にオススメ!基本のスキンケアアイテムまとめ【要ヒフ痩せ対策】

【アラサー肌】にオススメ!基本のスキンケアアイテムまとめ【要ヒフ痩せ対策】

一年中、現代女子の肌は乾いている! ?  アラサーの肌は年齢とともに不安定に、乾きやすくなっていくけれど、本当の保湿ケアを始めれば、誰でもすぐにしっとり潤った美肌に。根深い乾燥を断ち切る、その方法をさっそく紹介していこう。

お話を伺ったのは

津田攝子先生
皮膚科医。ドクターズコスメのパイオニアとして25年のキャリアを持つ。化粧品を通じ、現代女性に向けた的確なメッセージを提案。著書に『静脈マッサージで、小顔!』(講談社)など多数。

潤いを残して汚れをオフ!【クレンジング×ふき取り】で落とすケア

「メイクや汚れをクレンジングだけで落とそうとすると、必要な潤いも奪ってしまう。Tゾーンなど脂っぽい部分のみふき取って適度に潤いは残して」(津田先生)

くわしくはこちら▼
脱ヒフ痩せ! クレンジング×〇〇で「潤い残し」の落とすケア

化粧水で心地よく水分補給

「化粧水は、セラミドやヒアルロン酸など、皮膚の材料となる成分が配合されているものをセレクト」(津田先生)たっぷりの量を肌の奥までしっかり届けよう。

くわしくはこちら▼
【VOCEがオススメ!】乾燥悩み・ヒフ痩せに効く化粧水BEST3

美容液はアラサー肌のマストアイテム! 肌密度を上げて

「乾燥や毛穴、くすみなど悩みが増えてくるアラサーは、肌にまっすぐ届く美容液をプラスして。マルチな効果のあるビタミンC配合の美容液は◎」(津田先生)

くわしくはこちら▼
【ヒフ痩せ対策】アラサーの肌密度をぐっとあげる優秀美容液一覧

クリームの油分を味方にしてバリア膜をつくる

「クリームの油分は、バリア機能をサポートしてくれる大切な役割があるので、ぜひ使って。ベタつきが苦手な人は、さらりと仕上がるタイプを」(津田先生)

くわしくはこちら▼
【ヒフ痩せ】アラサー肌には夏でもクリームでしっかり蓋が鉄則!【乾燥】

撮影:当瀬真衣(人物)、久々江満(静物) ヘアメイク/SHIZUE スタイリング/程野祐子(人物)、坂下シホ(静物) モデル/林田岬優 取材・文・構成/寺田奈巳

関連キーワード

関連記事