海外セレブも実践!アルカリ性の物を多く食べるダイエット方法とは

海外セレブも実践!アルカリ性の物を多く食べるダイエット方法とは

ヴィクトリア・ベッカムが行なっていることで有名になった「アルカリフードダイエット」。アルカリ性のものを多く食べるダイエットのようですが、コツさえ分かればとても簡単にできそうです。アルカリ性と酸性の食べ物を調べました。要チェックです!

海外セレブも実践のダイエット法「アルカリフードダイエット」とは?

43歳で4人のお子さんを持つヴィクトリア・ベッカム。いつ見ても綺麗ですよね。そんな彼女が行なっていると言われているのが「アルカリフードダイエット」なんだとか。どんなダイエット方法なのでしょうか?

「アルカリフードダイエット」は肝臓や腎臓に負担がかかりやすい酸性食品を減らし、ミネラル豊富なアルカリ性食品を多く食べ、体の排出力を高めるものなのだとか。

食品自体が酸性かアルカリ性かということではなく、摂取した後に体がどちらに傾くかで酸性とアルカリ性を区別するのだそうです。例えば、酸性のように思われがちなレモンや梅干しはアルカリ性食品に含まれます。

【アルカリ性食材】
・野菜
・果物
・ナッツ類
・甘味料(ハチミツ、黒砂糖、メープルシロップ)
・油(オリーブオイル、ココナッツオイル、ごま油、亜麻仁油、菜種油、魚油)

【酸性食材】
・炭水化物(米・パン・麺)
・お肉
・乳製品
・ナッツ類
・甘味料(白砂糖、テンサイ糖)
・油(キャノーラ油、コーン油、マーガリン、ヒマワリ油、グレープシード油)

アルカリ性食材に多いのは植物性のもの、酸性は動物性食材に多いようです。

「アルカリフードダイエット」はバランスが大事

酸性食材を極力減らした方が良いのかというとそうではないようです。炭水化物も大切な栄養源なのでバランス良く摂ることが大事なのだそう。

「アルカリ性食品7:酸性食品3」を目安に摂ると良いそうですよ。ワンプレートのお皿にお野菜や果物を多めに置き、お肉やご飯、チーズなどを少なく盛ると分かりやすいかもしれませんね。

炭水化物を少なく、野菜を多めに摂るのはダイエットの基本なので、知らず知らずのうちに「アルカリフードダイエット」を行なっていた方も多いのではないでしょうか?ダイエット中に限らず、バランス良く食べて健康的に美しくありたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事