くすみをなくして肌に透明感を!くすみに効果的なスキンケア&コスメ

くすみをなくして肌に透明感を!くすみに効果的なスキンケア&コスメ

老けた印象の肌、化粧映えしない肌は、もしかするとくすみが原因かもしれません。化粧ではカバーしきれない肌のくすみを改善するには、原因を知ることから始めましょう。スキンケアや生活習慣を見直す対策と、くすみ改善に効果的なコスメを紹介します。

くすみって一体何?くすみの基礎知識

肌トラブルというと「シミ」「シワ」に意識が向かいがちですが、顔色がどんよりさえない肌のくすみも、なかなか厄介な問題です。

「鏡に映る顔色が暗い」
「ファンデーションを塗ってもパッとしない」
「血色が悪く不健康そう」

これらの症状は、多くの場合、肌のくすみが関係しています。くすみは色によって、5つほどに分類できます。

青くすみ

不健康な印象の青くすみ。夕方になると、さらにグレーっぽくなってしまうことも。目の下に青グマも目立つ状態です。

茶ぐすみ

肌に透明感がなく、暗くトーンダウンしてしまう茶ぐすみ。肌にハリが感じられず、乾燥している場合が多いでしょう。

黒くすみ

鼻や小鼻の周りが黒ずみ、くすんでいます。毛穴が目立ち、ファンデーションでもカバーしづらい状態。

赤くすみ

鼻や口、あご周辺がいつも赤みを帯びています。肌荒れや吹き出物が治っても、赤黒さが消えません。

黄ぐすみ

もともと得意だったピンク系のチークやリップが似合わなくなってきたら、黄ぐすみの症状かもしれません。肌に透明感がなくなり、老けてみられがちです。
くすみのない肌は、ファンデーションを重ねても肌色がにごることなく、健康的なツヤがあり、血色も良くて若々しい印象を与えます。くすみ肌は、残念ながらその逆。しかもくすみは顔全体の広い範囲に及ぶので、メイクでは完全に隠しきれません。くすみ自体を改善する必要があります。くすみの原因を知って正しい対策を行い、くすみのない若々しい美肌を取り戻しましょう。

くすみの原因とは?

くすみ肌は、スキンケアや生活習慣の原因が複雑に関係しています。中でもくすみの2大要因と言われているのが、「乾燥」と「血行不良」です。

肌の乾燥が進むと、肌表面の角質層が乱れ、細かな凹凸ができます。すると肌のハリやツヤが失われます。シワで覆われた肌は、光が乱反射して全体的に影が落ち、薄暗く見えます。肌の色自体は変化してなくても、肌表面がピンと張っていない状態なので、実際の肌色よりくすんで見えてしまうのです。

また乾燥で肌のターンオーバー(新陳代謝)がスムーズに行われなくなると、古くなった角質が剥がれ落ちずにどんどん溜まっていきます。この状態を「角質肥厚(かくしつひこう)」と言います。表面はガサガサして、肌の透明感は失われます。

本来、紫外線の刺激などをきっかけに体内で作られたメラニン色素は、ターンオーバーによって約14日間で角質層まで押し上げられ、やがて剥がれ落ちると言われています。しかし乾燥や加齢などの原因でターンオーバーのサイクルが乱れると、メラニン色素は長期間肌の内部にとどまります。すると色素沈着が起こり、肌色が茶色にくすんでしまうのです。

また、角質層が乾燥すれば、水分が失われた分だけ細胞が縮みます。肌のつっぱり感はこれが原因とされています。肌表面がつっぱられた分、自然と毛穴が開きます。開いたままの毛穴からは皮脂が過剰に分泌され、毛穴の中は皮脂と共に酸化して、黒ぐすみを起こす可能性が。さらに過剰な皮脂分泌により、肌はニキビや肌荒れが発生しやすい状態に。肌のバリア機能が弱っているため毛細血管まで炎症を起こし、やがて赤ぐすみとなってしまうことがあるのです。

一方、血行不良もくすみを引き起こす大きな要因に。顔の血行が悪くなると、酸素や栄養素を運ぶ役割の、赤みを帯びた動脈血が減り、逆に老廃物を運ぶ役割の青黒い静脈血は、スムーズに心臓へと流れず滞りがちになると言われています。すると青黒い静脈血ばかりが肌に透けて目立ち、肌色を青黒く、くすませてしまう原因になる可能性が。さらに血行不良の状態では、肌に十分な栄養が届けられないことも。ターンオーバーに影響して、乾燥によるくすみにまで関係しているかもしれません。

黄ぐすみは、甘いものや炭水化物などの糖分の摂りすぎで、肌の「糖化」現象が起こっている状態だと考えられています。「糖化」とは、体内の余分な糖質が、劣化タンパク質「AGEs(エージーイー)」と結びつく現象です。「AGEs(エージーイー)」は黄色い物質なので、それが肌に透けて黄色くくすむというわけです。

スキンケアを見直してくすみ対策をしよう

くすみの原因となる肌の乾燥を防ぐため、毎日の保湿ケアは念入りに。化粧水は十分な量をつけていますか?化粧水をたっぷり取った手のひらで顔をやさしく包み込み、しっかりと保湿してあげてください。化粧水の後は乳液やクリームで、水分が逃げないように油分でフタをします。

くすみの原因となる古くなった角質を除去するには、ピーリングジェルや角質除去効果の高い洗顔料を使いましょう。余分な角質を取り除きターンオーバーを促せば、角質層が滑らかに整い、乾燥肌も緩和されるでしょう。

メイク落としは、乾燥の原因となる強力なクレンジング剤は避け、比較的マイルドなクレンジングクリーム、ミルククレンジングを使って丁寧に行います。

スキンケア以外でもくすみ対策はできる?

スキンケア以外でも、肌のくすみ対策法はあります。早速ご紹介していきます。

紫外線対策をする

年齢肌はターンオーバーのサイクルがゆっくりになるため、メラニン色素の沈着を起こしやすくなります。紫外線対策は、曇りの日も冬の日も、一年中欠かさず行いましょう。外出時はフェイスラインまでムラなく、顔用の日焼け止めを塗ります。紫外線量が増える春夏シーズンは、汗で日焼け止めが流れ落ちやすくなるため、こまめに塗り直しましょう。できれば日傘や帽子も併用すると、紫外線カット効果が高まります。

血行を良くする

血行不良は静脈血による青くすみだけでなく、肌の栄養不足で乾燥も引き起こすそうです。顔に血行不良が見られる場合、たいてい全身が血行不良を起こしているケースが多いのだそう。まずは全身を意識した血行促進対策から始めます。

長時間座ったままの仕事や運動不足の生活は、下半身の血液を心臓に戻すふくらはぎのポンプ機能が低下して、全身が血行不良に陥ります。ふくらはぎのポンプ機能を改善する最も簡単な方法は、よく歩くことです。階段の上り下り運動もプラスすれば、さらに効果的。ふくらはぎの筋肉を伸縮させることで、ポンプ作用が活発に働き始めます。

肩こり症の人は、上半身で血流が滞り、顔にまで影響します。肩や首を温めたり腕をグルグル回したりして、筋肉をほぐしてあげてください。猫背も血行不良の原因となるので、いつも正しい姿勢を意識しましょう。

顔のマッサージも効果的です。ただしゴシゴシこする強い摩擦は肌への負担となるので、マッサージの前に指滑りの良いオイルやクリームを塗りましょう。血行が良くなるツボを刺激する方法もあります。頬骨の下や眉の上あたりの、指の腹で押すと「痛気持ちいい」と感じるポイントを探してみてください。ツボ押しをしていると、だんだん顔がポカポカしてきます。血行が良くなり、青クマやむくみ、たるみにも効果があると言われています。

悪い生活習慣を見直す

喫煙、暴飲暴食、ストレス、睡眠不足など、体に良くないとされる習慣習慣はすべて、肌のくすみの原因になると肝に銘じておきましょう。毎日規則正しい生活を心がけ、肌に良いとされるビタミンやミネラルをきちんと摂取することで、くすみは次第に消え去り、肌本来の輝きが戻ってくるはずです。

くすみ対策にオススメのスキンケア化粧品4選

スキンケアによるくすみ対策には、洗顔による古い角質、皮脂の除去、そして十分な保湿ケアが重要です。くすみ改善に効果的なコスメを紹介します。

古い角質を除去!ホームピーリングコスメ

通常の洗顔では落としきれない古い角質を、ピーリングケアで除去しましょう。ターンオーバーが乱れがちな年齢肌こそ、定期的なスペシャルケアが必要です。ホームピーリングコスメは、皮膚科やサロンでの本格ピーリングよりマイルドな仕様ですが、念のため最初はパッチテストをしてから、慎重に行いましょう。ピーリング後の肌はいつもより敏感になっているので、十分に保湿をしてあげてください。

オルビス「アクアピーリングジェル」

海洋深層水配合の水ベースジェルで、やさしく角質を除去。使用後はくすみが取れて、肌触りもツルツル&なめらかに。「無油分」「無香料」「無着色」「アルコールフリー」のマイルド処方で、敏感肌にもチャレンジしやすいピーリングジェルです。

サンソリット「スキンピールバー ハイドロキノール」

東洋人の肌に対して刺激の少ない「AHA(グリコール酸)」で古い角質をはがし、気になるくすみを取り除くピーリング石けん。さらに美白成分として注目されているハイドロキノンも配合されているので、効果的に肌の透明感を引き出してくれます。

毛穴をキュッと引き締めて、黒くすみを改善!

黒くすみの原因となる、毛穴の開きや皮脂汚れ。余分な皮脂を除去し、同時に毛穴を引き締めるケアがおすすめです。皮脂バランスが良くなり、肌バリア機能が改善すれば、赤くすみにも効果があるでしょう。

ラッシュ「パワーマスク」

細かい粒子のクレイ「カオリン」が余分な皮脂や汗を吸収し、毛穴ケアと角質ケアが同時にできる、スクラブ入りのマッサージマスク。ペパーミントオイルのすっきりとした香りに癒されます。「抗菌」「殺菌」「抗酸化」作用のあるハチミツ配合で、健やかな肌へと導きます。

クレンジングリサーチ「ウォッシュクレンジング」

洗顔と同時にくすみケアができてしまう、便利な酵素入りクレンジング。「AHA(フルーツ酸)」や「パパイン酵素」の働きにより、古い角質や毛穴の汚れを除去。指の腹でやさしくマッサージすると、血行促進にも効果があります。

まとめ

肌のくすみ対策は、スキンケアと全身の血行改善、生活習慣の見直しを同時に行うことが大切です。大掛かりな体質改善は時間がかかるので、焦らずじっくり自分の体と向き合いましょう。数か月後、健康な体とくすみのない美肌が手に入ることを信じて…!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事