【プロのテクを伝授】正しいブラッシング法で美髪になれます!

【プロのテクを伝授】正しいブラッシング法で美髪になれます!

頭皮が乾き、髪が5~6割乾いたらスタイリングを開始してOK。ブラッシングをする時も、やはりメインは髪より頭皮!

まずは今の頭皮の状況をチェック!
あなたの【頭皮老化】の危険度は?頭皮の状態チェックリスト

ブラッシング

髪を無理にぎゅーっと引っ張りながらとかすと、キューティクルがはがれ、枝毛や切れ毛の原因に。「特に髪が長い場合は、からまりやすい毛先は短いストロークで少しずつとかしましょう」(饗場一将さん)

【正解は】ブラシで頭皮をマッサージ
頭皮にも使えるブラシで、頭皮をマッサージするようにブラッシング。毛先がからまっていたら、一気にとかさずに、少しずつ髪をほぐしながらとかすのが大事。

頭皮と髪にやさしいブラシ

頭皮マッサージ効果で髪も元気に
ふかふかクッションが頭皮を心地よく刺激して、疲れた頭皮の血行を促進。ベントパドルブラシ ¥3200/ジョンマスターオーガニック

広がりが気になる髪をなめらかに
天然の猪毛とトルマリンを配合したブラシ。髪にまとまりとつやを出す。コンボパドルブラシ ¥3400/ジョンマスターオーガニック

頭皮の余分な角質をかき出す
ループ状のピンが頭皮の汚れをかき出して角質ケア。シャンプー前のブラッシングに。プラマサナ エクスフォリエイティング スカルプ ブラシ¥4500/アヴェダ

教えてくれたのは……

ヘアスタイリスト 饗場一将さん
QUEEN'S GARDEN by K-two GINZA代表。カウンセリングを重視しながら、個性を引き出す小顔ヘアづくりの名人。頭皮&美髪の最新情報に詳しい。

撮影/恩田亮一、柏原力 取材・文・構成/山本美和

《こちらも合わせてcheck!》
【美人の条件】美髪のための正しい乾かし方のコツ教えます!

関連キーワード

関連記事