乾燥肌さん必見!メイク直しは「保湿をしながら行う」ことがカギ!

乾燥肌さん必見!メイク直しは「保湿をしながら行う」ことがカギ!

肌がカサカサに乾燥していると、メイクが崩れやすくなり粉が吹いたように見えてしまいます。お直しをしてもすぐに乾燥してしまう乾燥肌さんは保湿をしながらメイク直しをしましょう。保湿ケアでしっとり肌に整えることでより綺麗にメイク直しができますよ。

乾燥肌さんがやってはいけないNGメイク直しとは?

特に急いでいるとき、乾燥した肌にそのままファンデーションを乗せる、ミスト化粧水を振りかけて放置しておくなどといったメイク直しをしていませんか?

乾燥により崩れたファンデーションの上からそのままファンデーションを重ねても乾燥は改善されず、厚塗りになって余計に崩れやすくなってしまいます。

また、乾燥した肌をしっとりさせてくれたり、メイクの上から使える便利なミスト化粧水ですが、顔全体にスプレーしてそのまま放置しておくと水分と共に肌に必要な潤いまで一緒に蒸発してしまうので、ミスト化粧水だけつけてそのまま放置はNG!

保湿と一緒に行うメイク直しで乾燥知らずの肌へ!

乾燥肌さんは、保湿ケアとメイク直しを一緒にすることがポイントです。まず、ファンデーションの上から顔全体にミスト化粧水をスプレーしたら、清潔な手のひらでハンドプレスをして馴染ませましょう。

そのあと、乳液を手のひらに伸ばして顔全体につけ、しっかり浸透したのを確認したらティッシュで軽く抑えます。ミスト化粧水だけでは水分が蒸発してしまうため、乳液の油分で膜を張ることが大切なのです。仕上げに油分の多いリキッドファンデーションやクリームファンデーションを指の腹で叩き込むように密着させて完了です。

乾燥により粉吹きが酷く、どうにもならない!というときには一度乳液でファンデーションをオフしてからメイク直しをすると綺麗に仕上がります。乳液をコットンにたっぷり馴染ませて、擦らないように丁寧に崩れたメイクをオフして、ティッシュで押さえてベタベタしなくなったら化粧下地とファンデーションを乗せましょう。

乾燥肌さんは小さな容器に普段使っている乳液を詰め替えてメイク直し用ポーチに忍ばせておくと、いざというときに大活躍してくれますよ。

また、メイク直しをするときに、化粧下地を使用する場合は化粧下地に乳液やオイルを少量混ぜておくと潤いがアップします。下地はブラシやスポンジでつけるよりも、手のひらでつけることで体温により肌に馴染みやすくなります。ベースメイク崩れで悩んでいる乾燥肌さんはぜひ試してみてくださいね!

保湿とメイク直しの同時進行で乾燥肌をしっとりなめらかに

特に乾燥肌さんは目元も乾燥しやすいため、綿棒に乳液をつけて崩れた部分をクルッと拭き取り、余った乳液を指の腹でトントン馴染ませてからアイメイクを直すとフレッシュな目元に早変わり。乳液やミスト化粧水を味方につけて、しっとりとした潤い肌を手に入れましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事