マット肌を1日中キープしたい!崩れないベースメイクの作り方を伝授

マット肌を1日中キープしたい!崩れないベースメイクの作り方を伝授

みずみずしいツヤ肌もいいですが、隙のない完璧な肌に見せるならやっぱりマット肌。しかし、マット肌にするためにベースメイクをしても、時間が経つにつれてどんどん崩れてしまう、なんてことありませんか?崩れないマット肌の作り方をご紹介します。

崩れないマット肌のベースメイクには、スキンケアが必要不可欠!

朝しっかりとベースメイクを完成させても、日中から夕方にかけての皮脂崩れや毛穴の目立ちに悩んでいませんか?

皮脂崩れや毛穴の目立ちはオイリー肌に起こりやすいイメージがありますが、表面は皮脂で潤っていても肌の内部は水分量が少なく、肌自身が乾燥を防ごうとして皮脂を過剰に分泌しているインナードライ肌の可能性があると言われています。

皮脂の過剰分泌を防いでマット肌をキープさせるためには、肌の角質層までしっかり水分を補うスキンケアをすることが大切なのです。

スキンケアを重視して完璧なマット肌をキープする方法

まずは、ベースメイクに取り掛かる前に、入念なスキンケアを行って肌に潤いを与えましょう。化粧水を付けるときには、手のひらに適量の化粧水を取り、顔全体を包み込むように優しく馴染ませるのがポイントです。

潤いをたっぷりと届けようとして、擦ったり執拗にパッティングをすると、デリケートな肌に刺激が加わり、赤ら顔などの原因になってしまうため気をつけてくださいね。

化粧水を馴染ませて肌がひんやりとしたら、乳液で適度な油分をプラスして水分の蒸発を防ぎます。付けすぎるとベースメイクが崩れやすくなってしまうため、適量を馴染ませたら、5分ほど放置して肌の表面に浮き上がった余分な油分をティッシュでオフしておきましょう。

そしていよいよベースメイク。テカりやすいTゾーンには皮脂コントロールができるサラッとした化粧下地を、乾燥しやすいUゾーンには保湿力のある化粧下地を使い分けるといいですね。

特に小鼻周りは崩れやすいため、指の腹やスポンジの角を使って優しく叩き込むようにつけていきましょう。ここでも乳液と同じように5分ほど放置してからスポンジやティッシュで油分を押さえておくことで崩れにくくなります。

マット肌にするためにパウダーファンデーションを塗りすぎると、パウダーに肌の水分が奪われて皮脂分泌が起こる可能性があるため、気になる部分をコンシーラーでカバーして全体的に薄づきに仕上げることがコツですよ。

潤いを与えるスキンケアが崩れないマット肌の重要ポイント!

崩れにくいマット肌に仕上げるには、ベースメイクよりも土台となるスキンケアが必要不可欠です。また、リキッドファンデーションを使用する場合もスキンケアをしっかり行い、仕上げにルースパウダーをブラシで軽く乗せてから、何も付いていないブラシでクルッとひと撫ですると綺麗に仕上がります。隙のないマット肌になるためにも、スキンケアに時間をかけてみてくださいね!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事