乳液の塗り方次第でよりもちもち肌に!シートマスクの活用もおすすめ

乳液の塗り方次第でよりもちもち肌に!シートマスクの活用もおすすめ

普段何気なく乳液を使っている方も少なくないと思いますが、乳液は化粧水や美容液などの潤いに蓋をして蒸発を防いでくれる重要な役目を果たしています。改めて塗り方を見直して、もちもち肌を目指しましょう。シートマスクへの活用法もご紹介します。

うっかり間違えやすい肌にNGな乳液の塗り方

乳液は、化粧水や美容液の美容成分や潤いに蓋をして蒸発を防ぎ、もちもちの肌に導いてくれるスキンケアに必要不可欠なアイテム。ですが、使い方を間違えると肌トラブルを引き起こしてしまう場合もあります。

まず、皮脂分泌の多い部分に乳液をたっぷりつけすぎると、乳液に含まれる油分が毛穴を詰まらせてニキビや吹き出物などができやすくなってしまいます。皮脂の出やすい部分は乳液を控えめに薄くつけることが大切です。

また、乳液をつけてから激しく顔のマッサージをしたり、擦ったりすると肌に負担がかかってしまいます。乳液を塗ることで滑りが良くなりマッサージをしている方も多いと思いますが、激しくマッサージをして擦っていると摩擦が起きて色素沈着によるシミの原因になってしまうとも言われています。

マッサージをする場合は、普段より多めの乳液を塗って滑りを良くしてから擦らず丁寧に優しい力加減でマッサージを行いましょう。油分が多すぎたら仕上げにティッシュで軽く押さえてくださいね。

もっちり肌に導く乳液の正しい塗り方とシートマスクへの活用法

乳液を塗る際、コットンを使うか手のひらを使うかで迷っていませんか?もちろん好きな方を使うといいのですが、サラサラとした乳液はコットンを、濃密な乳液は手のひらを使うと付けやすくておすすめです。

コットンを使うときには、肌への摩擦を防ぐためにもたっぷりの乳液をコットンに含ませて、優しく滑らせるように顔全体に伸ばしていきましょう。乾燥が気になる部分は重ね付けをして、仕上げにハンドプレスをします。

手のひらを使うときには、10円玉ほどの乳液を手に取り、手のひらの体温で温めてから顔につけていくことがポイントです。頬や額、鼻や顎などに乳液を乗せて手のひらでゆっくり浸透させて、目元や口元などの乾燥しやすい部分は乳液を付け足しましょう。 

そして、よりもちもちの肌に近づけたいときには、シートマスクに乳液をプラスするのがおすすめです。シートマスクを顔に乗せてから、その上に乳液を多めに塗り放置時間が過ぎたらシートマスクを裏返して乳液がついた面を顔に当てます。さらにシートマスクの上にホットタオルを当ててパックをすると浸透力が高まってもちもちの肌に近づけますよ。

乳液を味方にして触りたくなる弾力肌に

乳液をつけるタイミングは化粧水や美容液をつけて1分~2分浸透させたあとがベストです。乳液を正しく使い、シートマスクにプラスして思わず触りたくなるような美肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事