女性は歯周病になりやすい!? その理由と口腔内チェックのススメ!

女性は歯周病になりやすい!? その理由と口腔内チェックのススメ!

歯のケアが行き届いて口元も美しい女性はより素敵に見えます。しかし、女性は歯周病に悩まされやすいとも言われており普段からケアが必要です。今回は、歯周病の女性特有の原因と、口腔内を清潔に保つ為のセルフチェックのやり方についてご紹介いたします。

女性が歯周病になりやすい理由は、女性ホルモンが関係してるってホント!?

ズバリ、本当です!一見何の関係性もないように思える歯周病と女性ホルモンですが、驚くことに女性ホルモンが特定の歯周病菌を増殖させる働きがあるそうです。そのため、女性ホルモンのバランスが崩れやすい時期は特に、歯周病にかかりやすく、炎症を悪化してしまうこともあるそうです。

妊娠や出産、更年期に限らず、ホルモンバランスが変化がする月経の時期に口腔内の様子に違和感を訴える人も少なくないそうです。

一方で、歯周病は女性ホルモンの変化に限らず、生活習慣によっても引き起こされる症状であるとも言われています。栄養バランスの悪い食事、咀嚼回数の少ない食べ方による唾液分泌の減少、喫煙による血流悪化と抵抗力の低下、睡眠不足による抵抗力の低下等があります。

歯周病の原因を知って適切なケアや、予防の為の定期的な口腔内チェックを行いましょう。

歯周病や口腔内トラブルの予防は、定期的なセルフチェックで!

歯周病菌が女性ホルモンを利用しながら成長すると知っても、女性ホルモンを直接コントロールするのは難しいので、歯周病を予防する為には、やはり定期的に歯の状態をチェックして、口腔内を清潔に保つことが重要です。

【口腔内トラブル予防!セルフチェックのやり方】
<詰め物を確認>
詰め物と歯の境目に段差ができていると、歯垢がたまりやすいそうです。歯磨きをしようとがんばっても凹んでいる部分に歯ブラシの毛先を当てることは非常に困難なので、段差を見つけたら早めに歯科クリニックへ足を運ぶようにしましょう。

<歯の色を確認>
歯の表面が白く濁っているところは、再石灰化がうまくいかなかった場合が多く、初期虫歯の可能性があると言われています。また、前歯ばかり茶色く汚れるのは口が開いている時間が長く、歯の表面が乾燥しているからなのだとか。呼吸も併せてチェックしましょう。

<歯茎を確認>
歯茎が帯状に赤くなる症状は、一番多く見られる歯茎トラブルと言われています。歯茎が赤くなったり、腫れる直接的な原因は歯垢と呼ばれる汚れだそうです。歯垢を減らし、健康的なうすいピンク色の歯茎へ改善するには食事の際よく噛んだり、丁寧な歯磨きを実践するようにしましょう。

いかがでしたか?女性ホルモンが特定の歯周病菌を増殖させることにも驚きますが、やはり大切なのは定期的なチェックと清潔に保つことですね。歯の美しさや健康は、第一印象をより一層輝かせます。素敵な女性でいるためにも、スキンケアと同じように口腔内もケアしましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事