化粧崩れは化粧下地が原因?崩れにくい化粧下地の正しい塗り方・選び方

化粧崩れは化粧下地が原因?崩れにくい化粧下地の正しい塗り方・選び方

化粧崩れが気になるなら、ファンデをあれこれ変える前に、化粧下地を見直してみませんか?優秀な化粧下地なら、テカリや毛穴をカバーして、厚塗り感なく肌を美しく整えてくれます。今どきのナチュラルメイクは、完璧なベースなくして語れません!

メイクが台無し!化粧崩れが起きる原因とは?

ファンデーションには、リキッドやクリーム、パウダーなど、いろいろな種類があります。ほとんどのファンデーションは、化粧下地を塗った後で使うことを前提に作られています。ファンデーションをスキンケア後の肌に直接塗ってしまうと密着度が悪く、汗や皮脂でファンデーションが浮いて、化粧崩れの原因に。化粧下地は毛穴やシワなど肌の凹凸に入り込み、ファンデーションをピタッと密着させる役割を果たしてくれるのです。とくにオイリー肌の人は皮脂量が多いので、テカリや化粧崩れが気になりますよね。皮脂を抑える効果の高い化粧下地を選べば、ファンデーションの持ちがかなり違ってきます。

また気になる毛穴やシミ、シワなどの肌トラブルを、ファンデーション一本でカバーしようとすると、どうしても厚塗りになってしまいますよね。ファンデーションの重ねすぎは、よれて化粧崩れしやすいだけでなく、仕上がりにも影響を及ぼします。肌のアラは隠せても、血色や透明感がなくなり、なんだか老けた印象に…。時間が経つと毛穴やシワにファンデーションが入り込み、化粧直しも難しい状態になります。

このように化粧下地を使わないベースメイクは、デメリットだらけですね。自分の肌タイプや使用するファンデーションに合った化粧下地を選んで、満足のいくベースメイクを完成させましょう。

崩れにくい化粧下地の塗り方

崩れにくいベースメイクは、洗顔後の保湿から化粧下地、ファンデーションまでのプロセスが大切です。テカリや乾燥が気になりにくい、丁寧なベースの作り方を解説します。

1.洗顔のあと、化粧水、乳液、クリームの順に、十分な保湿ケアを行います。肌が乾燥してパサついていると、化粧下地やファンデーションがスムーズに伸ばせません。丁寧に水分を補給して、ふっくらなめらかな肌に仕上げましょう。オイリー肌の場合も、保湿が不十分だと乾燥で毛穴が開きっぱなしになり、さらに皮脂量が増えてしまいます。オイルフリーや油分控えめの保湿ケアで、しっかりうるおいを与えておきます。

2.保湿ケアが終わったら、日焼け止めを使う場合は化粧下地の前に塗っておきます。化粧下地に紫外線カット効果があるなら、日焼け止めと2本使いする必要はありません。屋外のレジャーなど、とくに紫外線が気になるときだけ、日焼け止めを併用すればよいでしょう。

3.化粧下地の使用量は、少なすぎても十分な効果が得られませんし、多すぎてもヨレの原因になるので注意しましょう。容器から取り出し、手のひらや手の甲の上に乗せてしばらく温めてあげると、テクスチャーがゆるんで扱いやすくなります。顔全体にムラなく伸ばし、薄くピタッとなじませましょう。化粧下地を塗った後、水分が飛ぶまで少し待つか、急ぐ場合は手のひらやティッシュで軽く押さえて表面を整えます。

4.シミやくすみなど、コントロールカラーで肌色をカバーしたいときは、化粧下地の後に重ねます。塗る範囲が広い場合は、コントロールカラーを重ねる部分だけ化粧下地を薄めにしておくと、厚塗りになるのを避けられます。コントロールカラーは色補正する場所だけに使う下地なので、ファンデーションベースとしての化粧下地とは別ものと考えたほうがよいでしょう。

5.すべてのベース作りを終えたら、やっとファンデーションの出番です。ただし、クマやシミカバーにコンシーラーを併用する場合は、ファンデの前に塗ることもあります。一般的な硬めのスティックコンシーラーは、リキッドファンデーションならその後に、パウダーファンデーションならその前に使うのがおすすめです。さらっとしたテクスチャーのコンシーラーは、塗りやすさで順番を変えても良いでしょう。

崩れにくい化粧下地の選び方

化粧下地は、自分の肌タイプを考慮して選びましょう。化粧崩れが気になるオイリー肌の人は、皮脂対策に重点を置いた化粧下地がおすすめです。皮脂吸着成分が配合されている化粧下地は、長時間化粧直しをしなくても、ファンデーションが崩れる前段階で、パウダーが皮脂を吸着してくれます。ただし毛穴の中まで入り込んでしまう化粧下地や、油分の多い化粧下地は、ニキビや吹き出物の原因となりやすいので避けた方が無難です。ニキビの元となる「コメド」ができにくい処方、ノンコメドジェニックの表記を参考に選びましょう。

一方乾燥肌の人は、肌がパサついてファンデーションが乗りにくいのが悩みですよね。皮脂吸着パウダーが多い化粧下地を使うと、粉がふいた状態になってしまうことも。保湿力の高いしっとりタイプの化粧下地を選びます。

Tゾーンはオイリーでテカリが気になるけれど、頬などはかさつく混合肌の人は、場所別に合う化粧下地を使い分けるのも良い方法です。肌状態をニュートラルな状態に近づけるための化粧下地ですから、適した選び方や塗り方は、人によってさまざまです。

敏感肌の人はメイクの刺激を軽減するためにも、成分をよく見て、できるだけ低刺激な化粧下地を選びましょう。最初に使う際は、パッチテストを行ってから使用してください。毛穴の奥まで入り込みにくく、クレンジングで落としやすい化粧下地を選ぶことも、肌への刺激を減らすポイントです。

化粧下地の一種であるBBクリームやCCクリームは、一時期韓国で有名になり、今や日本でもベースコスメの定番ですね。BBクリームはもともと、傷あとや肌トラブルをカバーするための医療用化粧品として開発されました。ですから低刺激ながら、カバー力は高めです。最近では多くのブランドから、ファンデーション感覚で使える化粧下地として販売されています。一方CCクリームも、低刺激で肌色カバー効果のある化粧下地として誕生しました。ただBBクリームに比べるとカバー力はマイルドで、スキンケア効果や使用感を重視した商品が多いようです。

保湿のあとにササっと伸ばすだけで、気になる肌の色ムラや毛穴をカバーしてくれるBBクリーム&CCクリーム。簡単なメイクで過ごす日はファンデーションをお休みして、ベースメイクをこれ一本で済ませてもいいですよね。

化粧が崩れにくい化粧下地のおすすめ5選

化粧崩れしにくい人気の化粧下地を、肌タイプ別に紹介します。

オイリー肌向けの化粧下地

・セザンヌ「皮脂テカリ防止下地」
プチプラコスメとして有名なセザンヌ。「皮脂テカリ防止下地」は優れた皮脂吸着力で、オイリー肌の過剰な皮脂をしっかりカバーしてくれます。紫外線カット効果も「SPF28・PA++」と、日常使用するには十分な数値です。新しく発売されたライトブルー色は、肌のくすみをカバーして、透明感のある肌を演出してくれます。
・エテュセ「オイルブロックベース(部分用化粧下地)」
Tゾーンのテカリ対策に特化した、オイルブロック効果の高い部分用化粧下地。皮脂分泌が多い鼻周辺は、毛穴も目立ちやすいですよね。サラサラパウダーがマットな状態に補正してくれるので、テカリと毛穴、一本で両方の悩みを解決してくれます。なんとファンデーションの上からも使用OK。混合肌さんの下地使い分けにもおすすめです。

乾燥肌向けの化粧下地

・SK-II「アトモスフィア CCクリーム」
年齢肌に最適な、保湿成分たっぷりのリッチ系化粧下地です。微粒子カバー成分チタンが配合されているので、肌の色ムラを自然にカバー。また二種類の微細パールは、肌に自然なツヤを与え、若々しい輝く肌へと導いてくれます。「SPF50・PA++++」と紫外線カット効果も申し分なし。
・ポール&ジョーボーテ「モイスチュアライジング ファンデーションプライマーS」
5種類の天然植物成分、3種類のヒアルロン酸が配合された、みずみずしいテクスチャーの化粧下地。肌色に合わせて選べる3色ラインナップも人気の秘訣。パサつきが気になる乾燥肌を、透明感あふれるみずみずしい状態に整えてくれます。

混合肌向けの化粧下地

ソフィーナ プリマヴィスタ「皮脂くずれ防止化粧下地」
皮脂を抱え込むオイルブロック処方により、テカリや化粧崩れを阻止。ヒアルロン酸、カミツレ花エキス配合で、保湿力も十分な混合肌向け化粧下地です。乾燥とテカリ、一度に両方ケアしてくれるのがうれしいですね。肌にピタっと薄く密着するため、ファンデーションがよれにくい点も優秀です。

まとめ

「肌きれいだね」と言われたいなら、ファンデーション前の下地作りが勝負です。崩れにくい化粧下地は、自分の肌質だけでなくファンデーションとの相性も大事。まずは化粧品カウンターやテスターで、一日試してからの購入がおすすめです。メイクによる肌への負担も軽減してくる化粧下地だから、ぜひこだわって選んでみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事