冷やしたスポンジとスキンケアで崩れにくいベースメイクを!

冷やしたスポンジとスキンケアで崩れにくいベースメイクを!

これから益々暑くなり、汗をかくと悩まされがちなのがベースメイクの崩れ。ベースメイクに取り掛かる前のスキンケアのポイントを抑えつつ、冷やしたスポンジを活用して、崩れにくいベースメイクを仕上げてみませんか?

ベースメイク前の冷やしすぎるスキンケアはNG!?

ベースメイクをする前に欠かせないのがスキンケアですが、夏は汗をかいてベタつくのが嫌だから冷蔵庫で冷やした化粧水を使っている、という方も少なくないかと思われます。ですが、冷やしすぎた化粧水は肌を収縮させてせっかくの美容成分や保湿成分が浸透しにくくなってしまう可能性があると言われています。

また、冷やした化粧水を肌にパパッとつけるだけでは、肌にしっかり浸透せずに、肌の奥が乾燥して余計に皮脂分泌を促し、ベースメイクが崩れやすくなってしまうので要注意。

暑い夏でも、できるだけ常温の化粧水を使って、何回かに分けてひんやりするまで浸透させていきましょう。

スキンケア後に肌を冷やすのはOK!ベースメイクのコツとは?

いつも通りのスキンケアを終えてから、冷たい水で濡らしたタオルで、毛穴や皮脂が気になる部分に軽く乗せて肌を引き締めてからベースメイクに取り掛かります。

リキッドファンデーションとパウダーファンデーション、どちらも化粧下地を使うことで崩れにくくなりますが、化粧下地は薄くムラなくつけることが基本です。頬などの広い範囲は顔の中心から外側に、皮脂分泌が多いTゾーンは薄く伸ばします。崩れやすい頬の毛穴は、スポンジや指の腹を使って下から上に叩き込んでいきましょう。

顔全体に化粧下地を塗り込んだら、ハンドプレスをして余分な油分をティッシュで軽くオフします。そして、リキッドファンデーションを塗る場合は、あらかじめ濡らしたスポンジを冷蔵庫に入れて冷やしておき、冷やしたスポンジを使ってリキッドファンデーションを伸ばしていくと肌がひんやりして心地よく、余分な皮脂を吸収してくれるので崩れにくくなりますよ。最後にサラサラのフェイスパウダーを皮脂分泌の気になる部分を中心に乗せてくださいね。

パウダーファンデーションを塗る場合は、毛穴が目立ちやすい頬や鼻は下から上にポンポンと付けていくと毛穴の影がカバーできて目立ちにくくなります。顔全体に薄く伸ばして、余分な粉をブラシでさっとはたきましょう。

夏のベースメイクも少しの一手間で完璧に!

リキッドファンデーションもパウダーファンデーションも、仕上げにミスト化粧水を空中にスプレーしてその中を潜るように浴びてハンドプレスをするとファンデーションが肌にしっかり馴染んで崩れにくいベースメイクが完了しますよ!これから夏へ向かう季節のベースメイクに取り入れてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事