日焼け止めと化粧下地はどっちが先?化粧の順番・化粧崩れしない使い方

日焼け止めと化粧下地はどっちが先?化粧の順番・化粧崩れしない使い方

日焼け止めや化粧下地など、塗る順番や選び方が難しいベースメイクの悩みは尽きませんよね。今回はそんなベースメイクの季節・肌質・使用シーンに応じてベストな使い分けをご紹介していきます!

日焼け止めと化粧下地は両方使わなきゃダメ?日焼け止めと化粧下地の違い

紫外線の刺激が、シワ・たるみなどの肌老化、シミやそばかすの原因になることはよく知られていますよね。紫外線は曇りの日も、屋内にもガラス越しに降り注いできます。紫外線から肌を守るため、毎日の日焼け止めは欠かせません。

一方化粧下地は、素肌のシワや毛穴をフラットな状態に補正して、ファンデーションをピタッと密着させてくれます。Tゾーンなど、皮脂による化粧崩れを防いでくれる効果もあります。崩れにくいベース作りには、化粧下地はなくてはならないアイテムです。

紫外線対策とメイクのベース作りを両方するなら、日焼け止めと化粧下地は両方使うべきだと言えるでしょう。

でも日焼け止めや化粧下地だけでなく、スキンケアからメイクの完成まで、いくつものアイテムを重ね塗りするのはとても時間のかかる作業ですよね。アイテム同士の組み合わせも難しいです。そこで最近では、日焼け止めと化粧下地、両方の機能を持ったアイテムが一般的になりつつあります。「化粧下地になる日焼け止め」や「UV機能付き化粧下地」などの商品です。中にはファンデーション並みのカバー力を誇る「UV機能付きBB(CC)クリーム」のようなオールインワンタイプまで登場しています。

ただ、コスメ好きで美意識の高い人なら、ファンデーション選びにはこだわりがあるでしょう。ツヤ肌やセミマット肌など理想の仕上がりが決まっている場合、できればお気に入りの化粧下地とファンデーションを使いたいですよね。となると、やはり日焼け止め&化粧下地の二本使いは外せない場合もあります。

日焼け止めと化粧下地の順番はどちらが先?ベースメイクの手順

日焼け止めと化粧下地の塗る順番ですが、基本的には日焼け止めが先だと覚えておきましょう。乳液タイプ、クリームタイプの日焼け止めは、スキンケアのラストとして位置付けます。理由は化粧下地の役割にあります。化粧下地を塗り、そのすぐ後にファンデーションを重ねた方が、ピタっと密着しやすいからです。順番を逆にすると、日焼け止めの効果は変わらなくても、化粧下地の効果は半減してしまいます。

ただしスプレータイプやパウダータイプの日焼け止めは、メイクの上から使うやり方が主流です。化粧直しの際便利なこれらのアイテムについては、後程詳しく説明します。

ベースメイクアイテムをフルに使った場合、一般的なベースメイク手順は以下の通りです。

「保湿→日焼け止め→化粧下地→コントロールカラー→リキッドファンデ→コンシーラー→お粉」
もしくは
「保湿→日焼け止め→化粧下地→コントロールカラー→コンシーラー→パウダーファンデ」

ベースメイクの法則は、水分の多いさらさら系のアイテムから始め、順に濃度の高いアイテムに移り、最後はパウダーで仕上げるという流れです。この順番が一番重ねやすく、よれにくいと言われています。ですからリキッドファンデかパウダーファンデかによって、コンシーラーの順番が入れ替わります。ただしコントロールカラーやコンシーラーは、水っぽかったり固かったり、商品によってテクスチャーがずいぶん違うので、いろいろ試しながらベストな順番を探していきましょう。

化粧がよれたり、崩れたりしない日焼け止めや化粧下地の使い方の3つのポイント

日焼け止めと化粧下地を別塗りするベースメイクは、どうしても崩れやすくなります。上手な重ね方をマスターして、美しいベース肌を作り上げましょう。

アイテムごとにしっかりなじませる

スキンケアにも言えることですが、ひとつのアイテムを塗ったあと、乾かないうちに次を重ねるのはよくありません。成分が混ざり合ってしまい、それぞれの効果が発揮されないからです。とくに日焼け止めは、たっぷり使わないと十分な紫外線カット効果が得られないので、よくなじませてから、次の化粧下地を重ねましょう。どうしてもべたつくときは、ティッシュを一枚顔に当てて、そっとオフしても大丈夫です。

皮脂対策をして崩れをふせぐ

Tゾーンなど皮脂分泌の多い場所は、時間が経つと化粧崩れしやすいですよね。それなのに鼻のてっぺんは、他に比べ焼けやすい場所です。せっかく塗り重ねた日焼け止めと化粧下地が、よれたファンデーションと一緒に落ちてしまわないよう、皮脂吸収パウダー配合の部分用化粧下地を塗って防止しましょう。

スキンケアは油分やポリマー成分の少ないものを

しっとり肌用の保湿クリームや、ジェル状のオールインワンゲルを使ったことがありますか?どちらも重ねすぎると、べたついたりモロモロが出てきたり、具合が悪いですよね。それは油分や水溶性ポリマーをはじめとする、高保湿成分がたくさん配合されているから。適量を使う分には問題なくても、重ねすぎはデメリットが生じます。日焼け止めや化粧下地は、スキンケア以上に「紫外線吸収剤(もしくは紫外線散乱剤)」や、「ジメチコン」「ポリマー」のシリコン系成分などが多く含まれています。それらを見越して、スキンケアだけでもリッチすぎない成分のものを選びましょう。

外出時にはスプレーが便利!日焼け止めや化粧下地の選び方

ベースメイクを夜まで維持するには、化粧直しが必要です。実際のところ、朝のメイクよりも、化粧直しの方が難しくありませんか?乾燥肌の人は保湿対策を、オイリー肌の人は皮脂対策を重点的に、それぞれ化粧直しを行いますよね。でも日差しの強い日や屋外で長時間活動する場合は、日焼け止めの塗り直しも考えなくてはいけません。

ベストな方法は、いったんすべてをメイクオフしてしまうことです。しかしまた一からメイクし直すとなると、ものすごく時間がかかります。化粧品を全部持ち歩くのも現実的ではないですよね。

その打開策として、乳液などを含ませたコットンで余分な皮脂を取りつつ、保湿しながら日焼け止めを塗り直す方法があります。でもファンデーションが毛穴落ちしないよう注意して重ねても、なかなかきれいに塗るのは難しいです。

そこでおすすめなのが、メイクの上から使える日焼け止めスプレーや日焼け止めパウダーです。どこでも使えて、手が汚れないのも便利ですね。保湿や皮脂の手入れをしたあと、化粧直しの仕上げに、日焼け止めスプレーまたはパウダーを重ねましょう。日焼け止めスプレーは、オイル分の多いものやパウダー入りのものなど、商品によって異なります。肌質や好みに合ったものを選びましょう。日焼け止めパウダーはベースメイクのお粉感覚で使うことができます。十分な紫外線カット効果を得るため、たっぷり使います。乾燥肌でパサつきが気になる場合は、保湿対策を十分に行ってくださいね。

ただし、スプレータイプとパウダータイプの日焼け止めは、一般的な日焼け止めに比べて、やや紫外線カット効果は落ちると言われています。基本はスキンケア後の日焼け止めでしっかり紫外線対策をして、メイクの上から使うスプレーやパウダーは、あくまでもお直し用としてサブ使いする方が安心でしょう。

紫外線は一年を通して対策が必要ですが、夏場は汗をかくため、日焼け止めが落ちやすくなります。さらにプールや海水浴など屋外レジャーの機会が増えるので、日焼け止めをこまめに塗りなおさなくてはいけません。お気に入りの化粧下地&ファンデーションで仕上げるベースメイクが理想という人も、化粧直しの難しさを考慮して、夏だけは化粧下地と日焼け止めを一本化してみるのもいいですよね。

日焼け止めと化粧下地が一体となった商品は、汗や皮脂に強いタイプも多いです。ただ紫外線カット効果が高いもの(SPFやPA数値が高いもの)は肌への負担も大きいので、必要に応じて、普段用とレジャー用で使い分けすることをおすすめします。

日焼け止めの役割を兼ねる化粧下地のおすすめ4選

手軽に紫外線対策ができる、日焼け止めと化粧下地両方の機能を持ったおすすめアイテムを紹介します。

La Roche-Posay(ラロッシュポゼ)「【敏感肌用】UVイデア XL プロテクショントーンアップ」

使用量皮膚科でも多く取り扱われているラロッシュポゼのUVケアラインから、化粧下地効果がパワーアップしたプロテクショントーンアップクリームが新たに登場。光の乱反射効果により、気になる肌のくすみ、色むらをカバー。ファンデーションがのりやすい自然なツヤ肌に整えてくれます。「SPF50+/PA++++」の高い防御力ながら、スキンケア成分がたっぷり配合されているので石けんで落とせます。

ミノン「アミノモイスト ブライトアップベース UV 」

紫外線吸収剤を使わない、ノンケミカルタイプの日焼け止め化粧下地。「SPF47/PA+++」で日常生活の紫外線対策には十分すぎるほど。「ふんわりベージュ」カラーが、肌色を明るく補正してくれます。数種類の保湿アミノ酸配合で、乾燥しがちな敏感肌にもぴったりの一本です。

マキアージュ「ドラマティックスキンセンサーベース UV」

「テカりを自動的に防ぐ」「肌表面のうるおいと、空気の乾燥を察知する」2つのセンサー機能が働き、乾燥と皮脂が両方気になる混合肌でも、化粧下地崩れしにくい理想のベースが完成。マキアージュ「ドラマディックパウダリーファンデーション」とライン使いすれば、さらに効果が感じられそう。

ナチュラグラッセ「メイクアップクリームN」

独自の「仕込みパール」効果で、肌に反射する光をコントロール。肌の凹凸を整え、くすみや色むらをカモフラージュしながらツヤ肌へと導いてくれます。とろみ系のなめらかなテクスチャーで、べたつかず肌に伸ばしやすい。スキンケア感覚で使えるのに、UVカット機能も「SPF44 PA+++」と十分な化粧下地は貴重な存在です。

まとめ

日焼け止めと化粧下地は、どちらも美肌に欠かせない重要なアイテムです。両方使う場合は、塗る順番や組み合わせを工夫して、化粧崩れしにくい方法を見つけましょう。季節や使用シーンによって、日焼け止めと化粧下地を一本化してしまうのもおすすめです。さらに日焼け止めスプレーや日焼け止めパウダーを併用すれば、化粧直しがもっと快適になりますよ。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事