大好き【ブラウンシャドウ】でこなれた顔になる3つの方法

大好き【ブラウンシャドウ】でこなれた顔になる3つの方法

働く女子の定番、ブラウンシャドウ。使いやすい反面、塗り方が固定化しがちという悩みも。そこで、ブラウンの幅を広げる3つの方法を提案。ブラウン使いの腕が上がれば美人度も上がる!

定番のブラウンシャドウこそアップデートが肝心

■教えてくれたのは…ヘア&メイクアップアーティスト 河嶋希さん

「『ブラウンなら何でも一緒』と思いがちですが、色みや質感はシーズンごとに変化しているし、発色もよりなじみやすく進化しています。つまり、最新のブラウンシャドウを使えば、それだけで印象が新鮮になるということ。ひとつ上を目指すなら、まずブラウンの更新を!」

POINT 01 単色ブラウンで濡れツヤ質感を楽しむ

まず取り入れたいのが、notギラギラな、濡れツヤ質感を持つ単色クリームシャドウ。しっとり湿度を含んだツヤが、光を拾って目元に澄んだ華やぎをもたらしてくれる。

このメイクはこちらでチェック!→濡れツヤBROWN × 潜ませカラーライン

このメイクはこちらでチェック!→濡れツヤBROWN × 上下バイカラー・じゅんわりフル囲み

このメイクはこちらでチェック!→濡れツヤBROWN × 単色グラデ

POINT 02 ブラウンパレットでふんわりマット質感を楽しむ

難しそうなマットシャドウも、色と質感がまぶたにふんわり溶け込む今季の最新パレットなら、幅広く入れたって難なくなじむ。いつもより少し大胆にのせて、旬の質感を楽しもう。

このメイクはこちらでチェック!→ふんわりマットBROWN × スクエア塗り

このメイクはこちらでチェック!→ふんわりマットBROWN × ソフトWライン・両サイドのせ

POINT 03 手持ちブラウンの塗り方を変えて遊ぶ

愛用ブラウンシャドウでのメイクがマンネリ化しているなら、塗り方に変化をつけてみて。いつもと違う場所、いつもと違う幅に塗るだけで、その印象はガラリと一変するはず。

このメイクはコチラでチェック!→+1テクで見違える!手持ちの【ブラウンシャドウ】活用術

撮影/神戸健太郎(モデル)、SHINTARO(静物) ヘアメイク/河嶋希(io) スタイリング/原未来 モデル/比留川游、玖瑠実 デザイン/ma-hgra 取材・文/宮下弘江

関連キーワード

関連記事