ペットと仲良く暮らすために!動物アレルギーによる肌荒れを防ごう!

ペットと仲良く暮らすために!動物アレルギーによる肌荒れを防ごう!

ペットと過ごす時間は本当に幸せな時間ですよね。疲れ切った心を満たしてくれるのは、人ではなくペットということも少なくありません。それだけペットは大切な存在ですが、一方美容面ではアレルギーによって肌荒れを引き起こすこともあるので注意が必要です。

動物アレルギーは肌荒れの原因に!ペットと暮らすために

動物アレルギー物質は、非常に細かく、部屋の空気中にいつも浮遊していることが多いので、直接ペットとの接触がなくてもアレルギー症状が出ることがあります。

ペットと言っても多種多様ですが、特にイヌフケなどは目の痒みが生じたり、赤く腫れたり、肌荒れを引き起こすこともあるので、疑いがある人は注意が必要です。

また現在動物アレルギーがない人でも、犬や猫は接触の機会が多いペットです。撫でたり、抱きしめたり。手や衣類に毛がついたまま長時間放置したりすると、動物アレルギーを引き起こすことにつながる可能性もあるのだそう。

アレルギー症状が軽い人でも、悪化させないためにも手洗いや着替えは徹底しましょう。

そして、やはり気をつけたいのは尿や便の処理。長時間処理しないままでいると、尿や便のアレルギー物質が空気中に舞って体内に入ってきます。またトイレシートなどが湿った状態が続くと、毛がまとわりついてしまいますし、衛生的にも良くありません。猫砂なども定期的な交換をして、常に清潔な状態を保つようにしましょう。

ペットとの暮らしのためにも、アレルギー因子を排除する工夫を!

ペットとの生活には、お部屋のインテリアにも注意が必要です。アレルギー物質が溜まりやすい布製のものや、ホコリが溜まりやすいラグなどは、ペットの毛が絡みやすかったりしてアレルギー症状を悪化させてしまう可能性も出てきます。

できるだけ掃除がしやすい家具や素材を選んだりするのも、ペットと暮らす上ではとても大切なことです。

動物アレルギーは肌荒れのみならず、ひどいとアナフィラキシーを引き起こすケースもあるので、美容、健康の両面からも、お部屋でできる対策はしっかりしておきましょう。

肌荒れを引き起こすからペットと触れ合えないなんて、とても辛いですよね。そうならないように、できるだけアレルギー要素を部屋の中に残さないように普段できる心がけを大切にしていきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事