5月5日は柏餅ダイエット?甘いものが食べたいときは和菓子でカバー!

5月5日は柏餅ダイエット?甘いものが食べたいときは和菓子でカバー!

GWの後半、5月5日はこどもの日。この日は端午の節句で男の子の健康と成長を祝う日です。柏餅を食べる機会もあるかもしれませんが、実はこの柏餅、食物繊維も含まれていて、意外にもダイエットに使える和菓子と言われているのです!

柏餅でダイエット?あんこの意外な効果とは?

5月5日はこどもの日。端午の節句は、元来中国から伝わったと言われています。元々よもぎなどの香りの強い薬草を軒先において邪気を払う行事だったのだとか。

兜や鯉のぼりを飾るのは日本独自の風習とされていて、実は柏餅を食べるのも日本ならではのもの。いずれにしても子を思う習わしであることに違いはないですが、注目したいのはこの「柏餅」。

実は柏餅はダイエットにも使える食べ物だと言われています。柏餅は和菓子なので、やはりバターや小麦粉をたくさん使う洋菓子に比べると、カロリーのみならず脂質や糖質も低いと言えるでしょう。

特に柏餅に使われる、つぶあんやこしあんは「小豆」からできていますが、この小豆から作られるあんこには食物繊維が含まれていて、急激な血糖値の上昇を抑える働きから、体脂肪として蓄積されにくいのだとか。

また食物繊維は、腸内の善玉菌を増やす働きもあることから、腸内環境が整って便秘解消にも優れています。甘いと食べるのを敬遠されがちですが、こういった観点からも柏餅はダイエットにとても効果的なのです。

甘いものが食べたい時は柏餅!でも食べ過ぎには注意!

柏餅はダイエット以外にも、さまざまな美容、健康効果があります。たとえば血液です。

柏餅には血液の生成に関わる「銅」が含まれています。さらに筋肉の収縮のほか、血液中の酸素を運ぶ重要な役割も持つ「鉄」が含まれているなど、女性に大切な栄養素を持っています。

もちろん柏餅を食べ過ぎてしまっては意味がありません。ダイエット中に甘いものが食べたくなったときに柏餅を食べる、というのがおすすめです。あんこ好きには嬉しいダイエット法ですが、やはり2〜3個食べてしまうとカロリーも摂りすぎてしまいますので、1個に抑えておきましょう。

和菓子全般が、こうした洋菓子を置き換えるダイエットに向いているかと言うと、そうではありませんのでご注意を。甘いものが食べたくなったときは柏餅でカバーしましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事