【3年以上彼氏がいない女子必見】デートにこぎつける前の面倒くささを乗り越える方法

【3年以上彼氏がいない女子必見】デートにこぎつける前の面倒くささを乗り越える方法

気がつけば最近ずっと彼氏がいないけれど、恋愛するのも面倒。そんな心境に陥っていませんか? モテないわけじゃなくても彼氏がいない期間が長くなればなるほど次の恋愛へのハードルって上がっちゃうんです。付き合うまで、デートまでの面倒さを乗り越える方法を解説します。

 面倒なのは習慣から外れた行動がストレスになるから

人間は毎日同じ時間に会社に行き、行きつけのスーパーで買い物をするなど、ある程度決まった習慣の中から外れないほうがストレスを感じないようにできている生き物なのです。彼氏がいれば定期的にデートすることが習慣になっていますが、“彼氏がいない”状態のほうが当たり前になってしまうと、普段と違う行動を取ることがストレスになるのでデートの約束すら面倒に感じてしまうのです。彼氏がいない状態に浸かりきってしまうと習慣を変えない限りなかなか抜け出せません。ここで大事なのは自分で自分に言い聞かせること。「面倒に感じるのは習慣に引きずられているだけ。デートに誘ってくれた人に魅力を感じないから行きたくないわけではない」というふうに視点を切り替えてみましょう。

何もしない日を作ってみる

「恋愛できない」と嘆いている女性の話を聞いていると、仕事が忙しくて余裕がないことも多いのです。心と体にある程度余裕がないと、恋愛まで気持ちが回らないのは自然なことです。一度しっかり休みを取って、自分をいたわる日も作ってみましょう。

【関連】【彼氏募集中の女子に告ぐ】人から道を聞かれるようになればモテる!?

恋愛小説や泣けるマンガ、映画に沢山触れる

恋愛に対して「彼氏欲しい」よりも「彼氏を作るための努力が面倒」のほうが上回っているときって、実はまわりに素敵な人がいてもセンサーが鈍ってしまっているのかもしれません。こんなときは、思いっきり恋愛要素の強い小説やマンガ、映画などに触れてみると効果的です。恋愛が面倒に感じているときって、恋愛モノのエンタメ作品すら手にしなくなっていることが多いのです。ここでは、「恋愛っていいものだなあ」「私もあんな恋がしたい」と思えるようなハッピーエンドの作品や“泣ける”作品に沢山触れてみましょう。感情の揺れをリアルに感じられれば、恋する感覚を思い出せるはずです。

男友達で練習してみる

いきなり誰かと恋愛をしようと思っても、しばらく恋愛していない間に鈍った勘を取り戻すのには時間がかかります。「いいな」と思った人と出会っても、どうしていいか分からないうちにチャンスを逃してしまうかもしれません。そこでリハビリに効果的なのは、男友達にLINEを送ってやりとりする、ご飯に行くなどして「男性と1対1で会話する」ことに慣れておくこと。ついでに男友達から誰か紹介してもらえるチャンスも増えるかもしれないので、おすすめです。

【関連】「好きな人ができない」「運命の相手があらわれない」を解決する4つの方法

面倒でも動き始めると案外あっさり彼氏は見つかるかも

もちろん、彼氏は無理に作るものではありません。ただ、人は本能的に環境を変えないほうに選択をしようとするので、うっすら「彼氏できたらいいけど」と思っているくらいだと実際に彼氏を作るのは難しくなってしまいます。ダイエットやランニングと同じで、最初は面倒でやりたくないと思ってもデートに出かける機会を増やしていくと人と付き合うのが面倒ではなくなってきます。面倒くささを乗り越えるきっかけになるのは、ちょっとした行動の変化から。お誘いはなるべく断らないようにして行動を変えていくと、気がつくと「面倒」と思わなくなっているはずですよ。無理はせず、できることからはじめてみてくださいね!

関連キーワード

関連記事