【プラチナ比メイクって何!?】旬なモテ顔になれる黄金比を超えた最新美人メイク【小田切ヒロ発】

【プラチナ比メイクって何!?】旬なモテ顔になれる黄金比を超えた最新美人メイク【小田切ヒロ発】

美人の条件が変わった。そう指摘するのはヘアメイクの小田切さん。「今どきの美人は、黄金比というよりも白銀比バランスの顔立ち。美人は美人でも、親しみやすさを感じるので、誰からも『いいね!』をもらえる、大人可愛い顔なんです」白銀比メイクで新しい美人へ!

【教えてくれるのは】ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん

「白銀比メイク」で旬な美人になれるワケ

「今をときめく有名人にも白銀比の人がたくさん。白銀比は日本人が伝統的に好きなバランスだから、無条件に可愛く見えます!」

CGで検証! 旬な美人バランスはこれだ

◆約1:1.6の【黄金比】

・「強い女」の印象を与える
・老け顔に見えやすい
・顔がタテに長く広がって見える

海外セレブみたいなバランス
黄金比バランスの顔立ちを一言で説明すると「外国人顔」。彫刻のような立体感があって、印象としては端正な雰囲気。メイクは骨格感やメリハリを強調するのが中心。

◆約1:1.4の【白銀比】

・小顔に見える
・若々しい印象になる
・やさしげで男子ウケ抜群!

今、最も旬な「モテ顔」のバランス!
白銀比バランスは、黄金比よりも正方形に近いバランス。パーツ自体は大人っぽく整いながら、全体としては愛らしさや可愛らしさを感じられる“大人可愛い”顔に。

メイクのお手本が「共感美人」へとパラダイムシフト中!

「現在のメイクの原点は、戦後に広まったメイク法。そこでお手本とされたのは、はっきりした顔立ちの外国人でした。以後、メイクはパーツをいかに美しく見せるかという方向に発展。ところが最近、『憧れのベクトル』に変化の兆しが。正統派美人より、共感度の高い顔立ちやメイクに人気が集まり、それを目指す人が増えてきているようです」(ポーラ文化研究所 研究員 富澤洋子さん)

旬な“白銀比顔”はメイクでつくれる!

◆今までの黄金比メイクは……

整ったパーツと整った顔立ち
黄金比に近づけたメイクは、いわゆる正統派美人の顔に。凜として、上品さや高貴さを感じる一方で“近寄りがたい美人”にも見える。

【アイライン】
目尻にハネ上げライン。上昇線で外へ強調。

【アイシャドウ】
アイホールの内側でグラデをつくる。目尻はななめ方向に大きく。

【アイブロウ】
眉山が明確で眉尻までキリリ。

【ベースメイク】
全体を均一に整える塗り方。

【チーク】
骨格強調のななめチーク。

【リップ】
リップラインはジャストに描く。素の形で勝負が決まる。

◆これからの白銀比メイクは……

顔にある余白を埋めて求心的に!
パーツのバランスを調整して、顔全体を正方形におさめるようにするとキュートな印象。好感度高めで“可愛くって美人”に見える。

【アイライン】
切れ込みラインで目頭強調。目が近づいて見える!

【アイシャドウ】
眉下までの広いエリアに単色塗り。自然なデカ目効果が。

【アイブロウ】
眉の下側を描いてフラットに。

【ベースメイク】
顔の中央だけ“トーンアップ塗り”。

【チーク】
位置は高めでじんわりと。

【リップ】
上唇だけオーバーリップ。鼻との距離を近づける!

撮影/城健太(vale.)、久々江満 ヘアメイク/小田切ヒロ(LA DONNA) スタイリング/坂下シホ イラスト/AYAMI モデル/上西星来 取材・文/丸岡彩子 構成/佐野桐子

関連キーワード

関連記事