自分に合ったシャンプー使ってる? タイプ別シャンプーランキング

自分に合ったシャンプー使ってる? タイプ別シャンプーランキング

ネットやドラッグストアで、日々新しいアイテムが販売されているシャンプー。実はこれらは大きく3種類に分けられるってご存知でしたか? 今回は、シャンプーの種類によって異なる特徴と、ネットで人気のアイテムをピックアップし、ランキング形式で紹介します!

シャンプーの種類と見分け方って?

シャンプーの主な成分は、水と界面活性剤(=洗浄成分)です。この界面活性剤に含まれる成分によって、シャンプーは以下の3つに分けられます。

① 高級アルコール系シャンプー
② アミノ酸シャンプー
③ 石鹸系シャンプー

それぞれの特徴と見分け方を見ていきましょう。

もっとも一般的な「高級アルコール系シャンプー」

ゴールドアルガンオイル(補修・保湿成分)配合で、「ひどく傷んだ髪、ダメージが進んでゴワつく髪も、毛先までなめらかにツヤめく」がコンセプトのダメージケアシャンプー。芳醇なローズの香りが心地よく、女性に人気のアイテムです。
髪に汚れやホコリをつきにくくする「ダストシールド技術」を取り入れたリンスインシャンプー。ナチュラルフローラルのやさしい香りが心地よい、ロングセラー商品です。

■低刺激性がウリの「アミノ酸シャンプー」

アミノ酸シャンプーは、界面活性剤に「アミノ酸」を使っているものを指します。低刺激性で皮膚や髪にやさしいことが特徴です。高級アルコール系シャンプーよりも洗浄力がやや弱くなるので、頭を洗う時には頭皮をもみ洗いするなど、皮脂を浮かすための調整が必要です。

成分表記に「ココイル」「タウリン」「アラニン」「ラウロイル」という表記があったらそのシャンプーは「アミノ酸配合シャンプー」です。さらに、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどの界面活性剤が含まれていないものを「アミノ酸シャンプー」と呼びます。
ヘアサロンの技術を取り入れた「FIOLE」のシャンプーがランクイン。髪と皮膚に対するケア成分が配合され、頭皮を健やかな状態に保ちます。別売りのヘアマスクとの組み合わせで、仕上がりに変化をつけられます。
パンテノールと五草エキスの育毛サポート成分が配合された「Seleane」の薬用シャンプー。髪にコシやうるおいが欲しい人にはおすすめのアイテムです。
アミノ酸シャンプーでは、「Kracie」から発売されている「ディアボーテ オイルインシャンプー」がランキング1位。ノンシリコンで、髪を自然な質感に仕上げつつ、配合しているプレミアムヒマワリオイルEXによってうねりやくせ、パサつきを抑えてくれます。さらにエレガントフローラルの香りで、流した後はスッキリとした気分になれそうですね!

■石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプーとは、動植物由来の成分が含まれたシャンプーのことを指します。少量で泡立ちが良く、頭皮や髪の汚れをしっかり落としてくれます。また、動植物由来の成分なので生分解性が高く、排水溝に流しても環境にやさしいと言われています。反面、石鹸系シャンプーは弱アルカリ性で、髪が痛む状態になることもあります。酸性、弱酸性のトリートメントやコンディショナーを合わせて使用すると仕上がりがよくなるでしょう。
「泡で洗う」がコンセプトの泡石鹸シャンプー。石鹸系シャンプーで発生しやすい「きしみ感」を和らげるため、植物性セルロースをコンディショニング成分として配合しています。また、ラベンダー油とライム油の天然精油で、洗った後の香りがいいのも魅力的です。
シリコンや香料、着色料などを使っていない無添加のシャンプー。EM(有用微生物群)を使用しており、流したあとの環境への強い配慮も特徴的です。
余計なものを入れず、水と石鹸だけで作った石鹸系シャンプーです。地肌に必要な皮脂まで取らず、表面の汚れだけを落としてくれます。
それぞれに長所と短所がある3種類のシャンプー。自分の髪質や地肌の状態に合わせて、相性のいいものを選びたいものですね!

(美BEAUTE編集部)
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事