化粧下地と日焼け止めは一緒に使う?ベースメイクの順に気をつけて

化粧下地と日焼け止めは一緒に使う?ベースメイクの順に気をつけて

紫外線量が増えると日焼け止めの塗り方に気を使いますね。一方、ベースメイクの際に日焼け止めや化粧下地はどの順番で塗っていますか?更に、日焼け止めを化粧下地として使えるのか、また併用したほうがいいのか...。今回はその手順や塗り方をご紹介します。

化粧下地と日焼け止め…夏はどう使い分けたらいいの?

肌を綺麗に見せてファンデーションのノリをよくしてくれる化粧下地は、日焼け止め効果があるものがほとんどですが、パッケージに記載されている適量は、パール2粒程度などと少なめです。化粧下地に日焼け止め効果はあっても、塗る量が少ないと紫外線を確実にカットすることは難しいと言われています。

日焼け止めは、紫外線から肌を守ることに特化して作られており、今は化粧下地としても使える日焼け止めが多く売られています。化粧下地は紫外線カット力があっても日焼け止めの代わりにはなりにくいため、化粧下地の役割をしてくれる日焼け止めを選ぶといいでしょう。

しかし、肌を綺麗に見せたい方は、日焼け止めだけでは物足りなさを感じてしまいますよね。そのような場合は化粧下地と日焼け止めを併用することをおすすめします。

化粧下地と日焼け止めを一緒に使うときの正しい手順

化粧下地のみ肌に伸ばしても、完璧に紫外線対策ができるとは言い切れません。同じように、日焼け止めだけでは化粧下地のような肌の色ムラや凸凹をカバーする力が乏しいものもあるため、化粧下地と日焼け止めを一緒に使ってみるといいでしょう。

では、化粧下地と日焼け止めのどちらを先に塗ればいいかご存知ですか?おすすめなのは「日焼け止めを先に塗る」ことです。化粧下地を先に塗ってから日焼け止め塗ると、ファンデーションを肌に密着させる化粧下地の効果が半減してしまいます。化粧下地と日焼け止めの順番を間違えると、ベースメイクが崩れやすくなる場合があるので気をつけてくださいね。

化粧下地と日焼け止めを併用してベースメイクを綺麗に仕上げるコツは、まず、化粧水と乳液でしっかり保湿ケアをしたら、日焼け止めを規定量手に取って顔全体にムラなく伸ばし、2〜3分ほど置いて余分な油分をティッシュで抑えます。次に、適量の化粧下地を塗ってスポンジでならしましょう。あとは、普段使っているファンデーションやルースパウダーを重ねればベースメイクの完成です。

化粧下地と日焼け止めのダブル使いで紫外線をしっかりカット!

化粧下地と日焼け止め、ファンデーションを重ねると肌の負担が気になるという方は、石鹸で落とせるものや低刺激の日焼け止めを使うといいでしょう。紫外線を確実にカットしたいなら、化粧下地と日焼け止めをうまく併用してみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事