今更聞けない!オメガ3とか9ってなに?美容に良いのはどの油?

今更聞けない!オメガ3とか9ってなに?美容に良いのはどの油?

アマニ油が美容に良いということでその成分である「オメガ3」も注目されました。でも「なんとなく体に良い」という印象で実際どういう働きをするのか分かりにくいところも。「オメガ3」をはじめ油の違いについてを調べました。是非、チェックしてください。

美容に役立つのは「オメガ3」と「オメガ9」

油には大きく分けて「体の中でも作ることができる油」と「食事によってでしか摂れない油」の2種類があります。体の中でも作ることができる油が「飽和脂肪酸」と「オメガ9」で、食事によってでしか摂れない油が「オメガ3」と「オメガ6」です。

【それぞれの油を含む食材】

<主な飽和脂肪酸を含む食材>
バター、ラード、牛肉、牛脂、ココナッツオイルなど。

<主なオメガ9を含む食材>
オリーブオイル、菜種油、豚肉、鶏肉など。

<主なオメガ3を含む食材>
アマニ油、エゴマ油、魚油、チアシードなど。

<主なオメガ6を含む食材>
サラダ油、コーン油、マヨネーズなど。

【美容効果が期待できるのはどの油?】

「オメガ9」は便通を良くしたり、肌を乾燥から守る成分であるオレイン酸が含まれているため、美肌作りに役立つと言われています。

「オメガ3」には溜まった脂肪を燃焼させ、老廃物を排出する働きがあるためダイエットに役立つのだとか。

美容効果が期待できるのは「オメガ3」と「オメガ9」と覚えておくと良いですね。

1日の摂取目安とは?オメガ3・オメガ9を意識的に摂る?

「飽和脂肪酸」はお肉やバターから、「オメガ6」はサラダ油やマヨネーズなどから摂れていることが多いので、「オメガ9」と「オメガ3」を意識して摂ると良いそうです。

先に説明した通り「オメガ9」は体の中でも作ることができる成分であることから、不足しがちな「オメガ3」を意識的に摂った方が良いようです。とは言っても油は1gにつき約9キロカロリーもあるので、摂りすぎには注意しないといけません。

体重や日常生活の違いにもよりますが、1日に2,000キロカロリーの摂取が必要と言われている成人女性の場合、脂質は55g程度摂っても良いとはされていますが、食材にも油は含まれているため、調理時に使う油は15gを目安に摂ると良いのだそう。15gというと大さじ1杯なので、かなり少なく感じます。

そして、気になる美容に良い油の摂取目安は「オメガ3は1日小さじ1杯」「オメガ9は大さじ1杯」くらいが良いそうです。オメガ9は熱に強い性質を持つことから炒め物などを作るときに使用し、オメガ3はドレッシングに使うと良さそうですね。また、オメガ3は青魚にも含まれるのでサバやアジなどを食べるのもおすすめです。

いかがでしたか?油と上手に付き合って美容に役立てましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事