気になる皮下脂肪、なんでつくの?ダイエットで落とすことはできる?

気になる皮下脂肪、なんでつくの?ダイエットで落とすことはできる?

年齢を重ねるにつれ体型は丸みをおびやすく、腕、お腹、お尻、太ももなどのお肉が気になってきますよね。このお肉の正体は皮下脂肪…。しかも一度つくと落としにくのが困りどころです。今回は皮下脂肪を落とすためのアプローチの仕方を調べました。

皮下脂肪の正体とは?ダイエットで落ちる?

男性は内臓周りにつく「内臓脂肪」が多いのに比べ、女性は皮膚の下につく「皮下脂肪」が多くなるそうです。

その原因は、もともと、女性は丸みのある体にする「エストロゲン」の働きがあるために「皮下脂肪」がつきやすく、更に年齢を重ねるにつれて代謝が落ちて蓄積して行くのだそうです。そのため、今まで気にならなかった体のパーツもいつのまにか太くなっている!なんてことも。

そして更に、エネルギーとして使われなかった糖が脂肪に替わり蓄積することにあるのだとか。この皮下脂肪は熱を通しにくく、落ちにくいのが特徴です。

一度ついてしまった皮下脂肪は食事制限ではなかなか減りません。皮下脂肪に直接アプローチをするような方法やエネルギーを長く消費出来るような運動で落とすしかないようです。

皮下脂肪を落とすには、運動とリンパ流し!

それでは、皮下脂肪を減らすための方法をご紹介します。

【ついてしまった皮下脂肪を効果的に落とすには?】

<有酸素運動>
いざという時のために蓄えられている「皮下脂肪」を落とすには、長い時間に渡ってエネルギーを消費する「有酸素運動」が適しているようです。軽いジョギングやウォーキングを継続して行うのが良さそうですね。

<マッサージでリンパ流し>
「二の腕の皮下脂肪を落としたい」などパーツごとの場合は、その部位をマッサージしてリンパに流す方が、固まった脂肪を引き剥がすことができるようです。熱が伝わりにくい「皮下脂肪」なので、脂肪がラードのように冷えて固まっている状態をイメージして、マッサージで柔らかくしてあげることが大切なのだそうです。

<矯正下着>
矯正下着は着ている時だけ細く見えると思われがちですが、着圧によって脂肪が刺激されるので燃焼効果や体を温めてくれる効果、また、たるみの防止など体型維持の効果が期待できます。

いかがでしたか?皮下脂肪は簡単には落ちにくいので、毎日ケアを継続して減らして行きましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事