乾燥肌は日焼けしやすいって本当?正しく日焼け止めを使って美白肌へ

乾燥肌は日焼けしやすいって本当?正しく日焼け止めを使って美白肌へ

日差しが強く降り注ぐ春から夏にかけて、紫外線対策に本腰を入れ始める方も多いかと思いますが、紫外線対策ばかり気にかけて肌の乾燥を放っておくと、紫外線の影響を受けやすいと言われています。乾燥肌の方は特に保湿との両立を心がけていきましょう!

バリア機能が低下した乾燥肌は日焼けしてしまいやすい…

紫外線は肌に悪影響を及ぼすということは多くの方がご存知ですね。春から夏は本格的に日焼け止めクリームを使って紫外線対策を始めても、肌の乾燥への対策は置き去りになっていませんか?

春は寒い冬に蓄積された乾燥ダメージや、急激に増える紫外線により肌が乾燥して敏感な状態に陥りやすく、夏は汗や皮脂が分泌され、ベタつきを防ぐためにさっぱりとしたスキンケアにシフトすることで肌が乾燥したり、冷房の効いた部屋にいると肌の内側がカラカラに乾きやすいと言われています。

肌が乾燥しているとバリア機能が低下するため、紫外線による刺激に弱くなり紫外線対策をしても日焼けしてしまう可能性が…。

乾燥肌さんは保湿ケアをベースに紫外線対策を!

乾燥してバリア機能が低下した肌には、しっかりと保湿ケアをした状態で紫外線対策を行うことがポイントです。顔に日焼け止めを塗る際は、化粧水、美容液、乳液やクリームで水分と油分のバランスを整えてから、低刺激の日焼け止めをムラなく伸ばしていきましょう。

腕やデコルテ、足などの身体に塗る際は、ボディローションや化粧水で潤いを与えて、ボディミルクを重ねてから日焼け止めを塗ることをおすすめします。

朝、日焼け止めを塗っても、時間が経つにつれて汗や皮脂、擦れなどにより日焼け止めの効果が薄れてしまうため、外出先にも日焼け止めを持ち歩き、2時間おきを目安につけ直してあげましょう。特に、眉間や目尻、小鼻の脇や髪の生え際、耳や首の後ろなどは塗り残しが多いので、きちんと塗れているか確認してみてくださいね。

また、肌が乾燥してデリケートな状態に日焼け止めを使う場合は、低刺激処方のもの・高めのSPF・PA機能があるもの・擦らず落とせるものがおすすめです。専用クレンジングを使わないと落とせない日焼け止めを塗ると、しっかり落とそうとしてどうしてもゴシゴシ洗ってしまいやすいので、石けんで落とせる日焼け止めなどがいいですね。

日焼け止めを落としたらすぐに保湿ケアに取り掛かり、日中紫外線ダメージを受けた肌に潤いをたっぷり与えてあげてくださいね。

保湿ケアと紫外線対策を念入りにして乾燥しにくい肌に

紫外線量が増えるとどうしても紫外線対策ばかりに目が行きがちですが、保湿ケアで肌の土台をつくってあげましょう。保湿ケアで肌のバリア機能を高めつつ、紫外線対策をして日焼けに負けない肌を手に入れましょう!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事