目の充血が止まらない!コンタクトレンズをつけたまま寝るリスクとは

目の充血が止まらない!コンタクトレンズをつけたまま寝るリスクとは

人に印象を与える顔のパーツと言えば「目」。やはりできるだけキレイな目を保ちたいものですが、コンタクトレンズを外さずに数日つけっぱなしにしてしまうことはありませんか?目の充血が慢性的になり、ひどいと失明の可能性もあるのだとか!

目の充血がすごい?コンタクトレンズつけっぱなしの危険性

コンタクトレンズを使用している人には是非とも知っておいていただきたいのですが、コンタクトレンズによって目にかかる負担は計り知れません。

角膜には欠陥がなく、目に必要な酸素は涙や外気から取り入れる必要があるのですが、コンタクトレンズをつけっぱなしにしていると目は酸素不足を招いてしまいます。

涙や外気から酸素が取り入れられないと、血管が黒目にまで伸びてくる「新生血管」を引き起こす可能性があります。目の充血が慢性化している人は、注意が必要ですが、最悪の場合視力にも影響があると言われています。

なかでも気をつけたいのは「アカウントアメーバ角膜炎」と呼ばれる、コンタクトケース内で増殖したアメーバが角膜に感染する症状です。たとえばコンタクトレンズをつけっぱなしにして角膜に傷がついてしまうとアカウントアメーバが侵入して、症状を引き起こすこともあるのだとか。

目の痛みや異物感、目やになどが発生して症状が悪化すると失明することもあると言われています。

充血していたら目を休ませよう!

目の負担を軽減させるためにも、自宅では眼鏡で、外出先のみコンタクトレンズを使用するなどコンタクトレンズの使用を、できるだけ最小限にとどめましょう。

また、違和感や症状が出てしまったら、コンタクトレンズは一時的に使用を控えましょう。角膜は1時間ごとに細胞が新しく生まれ変わると言われています。新陳代謝がとても活発なため、角膜の一部が少し剥離している程度であれば自然に治っていきます。

自然治癒で治らないほどダメージを受けてしまった場合は、専門医に診てもらいましょう。目薬などは症状によって使用するものが異なるので、自己判断で目薬を使うのは効果が望めないこともあります。

スタイルもファッションも完璧なのに目はボロボロ、いつも充血している。それではとても残念ですよね。印象的なキレイな目を保つためにも、コンタクトレンズのつけっぱなしには、くれぐれも注意しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事