入浴のお湯の温度はどのくらい?美肌を保つお風呂の適温とは?

入浴のお湯の温度はどのくらい?美肌を保つお風呂の適温とは?

お風呂は1日の疲れを癒す至福の時間。音楽を聴いたり、本を持ち込んだり、いろいろな時間の過ごし方ができるのも楽しみですよね。さてそんなお風呂の適温って何度か知っていますか?実は温度によって肌にダメージを与えてしまうこともあるのだとか!

お風呂の最適な温度は?お肌に与えるダメージに注意!

いきなりの質問ですが、あなたは昨日、どのくらいの時間お風呂に入っていましたか?10分?20分?きっと30分以上入浴したという人も少なくないでしょう。

入浴の時間も気になるところですが、湯船の温度にも注意したいところ。実は、お湯の温度によっては肌にダメージを与えてしまうこともあるのです。

結論から言うと、温度の高いお湯はお肌に良くありません。熱いお風呂が好きだという人もいると思いますが、42度以上のお湯は皮脂や肌の保湿成分が流れてしまい、肌の乾燥を招きます。

さらに交感神経が優位に働くために、リラックス状態とは逆に血管が収縮して血行が悪くなってしまいます。寝る前に交感神経が優位に働いてしまうと、かえって寝つけなかったり、体が疲れてしまうことも考えられます。

理想は38〜40度くらいのお湯に10〜20分程度浸かるのがおすすめです。血行が促進され、新陳代謝が活発になります。さらにじんわりと不要な老廃物が排出されやすくなります。

就寝の1、2時間前に入浴をしておくと、副交感神経に切り替わった状態で自然に体温も下がっていき、ゆったりと眠りにつくことができるでしょう。

入浴剤で体を温めよう!お風呂で血行促進!

せっかくの入浴タイムですから、入浴剤で美肌効果も狙いたいですよね。冷えや肩こりの解消にも効果があるので、積極的に使用したいところ。

なかでもおすすめなのが炭酸入浴剤です。毛細血管が広がり、血行促進の効果が期待できます。また、体も温まりやすいため、必要以上にお湯の温度を上げる必要がなくなりますので、必要な皮脂や保湿機能を保つことにもつながります。

自然に毛穴の汚れを落としてくれるのも嬉しい効果です。

血行促進や引き締め効果を得るなら、ソルトタイプの入浴剤がおすすめ。殺菌効果もあるので、お肌もさっぱりしますよ。

お風呂の温度が高いのが好きな人は、お肌へのダメージを考えて、できるだけ適温にして浸かるように心がけましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事