体の内側から日焼けを食い止める!白い肌をキープする食材とは?

体の内側から日焼けを食い止める!白い肌をキープする食材とは?

日焼けが気になる季節になってきました。近年「飲む日焼け止め」としてトマトジュースが話題になりましたが、トマトジュース以外にも内側から日焼けを予防できる食材があるのだとか。外側、内側とダブルの日焼け対策で白い肌をキープしましょう。

体の内側から日焼けを食い止める!抗酸化力を持つ食材とは?

「飲む日焼け止め」と話題になっているトマトジュース。これは、リコピンが持つ抗酸化力に注目していることにあります。

紫外線を浴びると活性酵素は肌を黒くして守ろうとするため、メラニンの生成を促します。この活性酵素を除去する働きを持つのが抗酸化作用です。

抗酸化作用を持つ食材は、色の濃い野菜や果物に含まれていることが多いのですが、特に日焼けに効果が期待できるのは「赤」や「紫」の野菜や果物です。トマトや赤パプリカ、いちご、ラズベリー、クコの実といった赤い食材やブルーベリー、あずき、アサイーなどの紫の食材を日頃から食事に摂り入れると良いですね。

「赤」や「紫」の野菜や果物以外にも「黄色」の野菜が持つビタミンAもシミの原因になる紫外線「UV-B波」を防御し、ダメージを負った肌細胞を修復すると言われています。色とりどりの野菜や果物を毎日摂ると日焼け予防にも良さそうです。

また、併せて摂りたい食材として「卵」をオススメします。卵の卵白には、紫外線を浴びた肌を再生する作用を持つビタミンHが含まれいます。また、卵のタンパク質には、肌の細胞を作ってターンオーバーを整え、シミを作りにくくする作用があると言われていますので、野菜と併せて摂るとより効果が期待できそうですね。

体の内側から日焼けを食い止める!食事の取り方とは

食材にこだわって内側から対策する際に、併せて実践したいのが、日焼けを食い止める食事の取り方です。

それは「血糖値をあげない食べ方」をすること。老化を促進すると言われている「糖化現象」。これは体内の余分な糖が、タンパク質と結びついて細胞を劣化させる現象なのだそうです。糖化が進むとシミやシワの原因になるだけではなく、様々な病気の原因となり健康をも損なう恐れがあるそうです。

その糖化を防ぐには、食後の血糖値のコントロールが重要なのだとか。食後の急激な血糖値の変化はコラーゲンを劣化させ、日焼けに弱い肌になるとも言われているので、肌を日焼けから守る為にも食べ方にも気を配りたいですね。血糖値の上昇を緩やかにするには、食事のはじめは野菜から手をつけると良いと言われています。

いかがでしたか?これから益々気温が上がり、肌の露出も増える季節になるので、外側と内側の両面から紫外線対策をして白い肌をキープしたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事