今だからこそ伝えたいネイルケアの魅力

今だからこそ伝えたいネイルケアの魅力

この15年でネイルサロンは以前より身近な存在となり、ジェルやスカルプチュア、マニキュアやシェラック など、女性がシーンに合わせてネイルスタイルを...

この15年でネイルサロンは以前より身近な存在となり、ジェルやスカルプチュア、マニキュアやシェラック など、女性がシーンに合わせてネイルスタイルを選べる時代になりました。そして、こんな時代だからこそ改めて注目してほしいのがネイルケアです。爪や手先本来の美しさを引き出すネイルケア、その魅力をお届けします!

甘皮取り過ぎていませんか?

「サロンで甘皮ケアをしてもらったら逆に乾燥してしまった」「甘皮部分が痛くなってしまった・・・」など、こんなお話をサロンにいらしたお客様からよく聞きます。これは甘皮を取り過ぎている可能性があります。甘皮ケアといっても、実際にカットするのは甘皮を覆う不要な角質です。フェイシャルでもスクラブなどの角質ケアをし過ぎると乾燥しますよね?  それと同じで、甘皮も必要以上に取り過ぎてしまうと乾燥や痛み、感染症などの原因となります。そういった経験がある人は、マニキュアリストに「あまり甘皮を取りすぎないでください」と伝えていただくといいと思います。

本来、定期的に甘皮ケアをすると角質は付きづらくなり、キューティクルオイルの栄養分が届くことで、自爪自体が丈夫になっていきます。日本でネイルケアは、ネイルポリッシュを美しく見せるための下処理である、といった感覚が根強いように思いますが、アメリカでは男性が床屋感覚でネイルサロンに通います。それは、ネイルケアが爪を健康に保つという意識が高いからなんですね。たくさんのお客様の手元を見てきましたが、何十年もネイルケアをされてるお客様の手元やネイルは本当に美しく、それに勝るものはないと思います。

割れにくい爪の形ってどんな形?

この質問もサロンでよく聞かれます。今ほどネイルサロンが一般的でなかった頃は、圧倒的にスクエアオフのオーダーが多かったです。それはネイルと言えばスクエアオフ、といった憧れのようなものもあったのかもしれません。その頃に比べると今はオーバルのオーダーも増えてきました。スクエアオフに整えても、やっぱり角の部分が割れてくる・・・。そう、問題はここですね。日常的に手を使っていて、摩耗されたりして自然になる形や本来の形に整えてあげるのが一番割れにくいわけです。ご自身で整えるときは、まずスクエアオフをとり、爪に対して45度くらいの角度でやすりをかけます。そうすると、その人その人の爪のカーブに沿って角が取れるので、その形こそ割れにくい形と言えます。

ハンドマッサージでさらに美しい手元に

ネイルサロンの施術の最後に付いているハンドマッサージ。ハンズ・オンではマニキュアのコースだけではなく、ジェルやシェラックなど、すべての施術にマッサージが付いています。ハンドマッサージをすることで手元や爪周りの血行が良くなって代謝も上がり、より健やかで美しい爪が伸びてきます。つまり、そこまでがハンドケアである、という思いからできたメニューなんです。ネイルサロン派の人も、セルフネイル派の人も日常的に取り入れてもらいたいこのハンドマッサージ。甘皮もそうですが、ケアを続けることでその効果を発揮します。ハンドクリームを塗る時にはただ付けるだけでなく、しっかりツボや血行を意識してマッサージしてみてくださいね。

関連キーワード

関連記事