GWは紫外線に要注意!一気に肌老けしないための対策➁

GWは紫外線に要注意!一気に肌老けしないための対策➁

シミやシワを作り、老化の最大原因といわれる紫外線。実は真夏は誰もがきちんとUV対策していますが、逆に日差しが急激に強くなるこの時期に対策を怠って...

シミやシワを作り、老化の最大原因といわれる紫外線。実は真夏は誰もがきちんとUV対策していますが、逆に日差しが急激に強くなるこの時期に対策を怠って、肌にダメージを受けているケースが多い…という報告も。美容家として活躍中の岡本静香さんに、今回はより具体的に紫外線を絶つための心がけを伺います。

デイリーの日焼け止めの理想は?

Licensed by Getty Images

さまざまな使い心地のUVコスメがあるなかで、岡本さんがおススメするのは・・・「乳液のようなテクスチャー、保湿力、そして顔を明るく見せてくれる効果があるものを。働く女性であれば、朝のベースメイク、ファンデーションを塗ったときにもたずかず、よれず、日中乾燥を気にしなくてよいものがいいと思います」とのこと。それから、室内で過ごす時間が多い人も、日焼け止めをきちんと塗るのを忘れないでほしいと! 窓ガラスから入ってくる日差しも、肌にはダメージをもたらしています。室内だから・・・といって安心せず、スキンケア効果があるものを朝、きちんと塗りましょう!

日焼け止めとUVカット効果のある化粧下地の違いは?

Licensed by Getty Images

「化粧下地は日焼け止めよりも適量が少量で、より肌を美しく見せてくれるもの。できれば 夏のデイリーは日焼け止め&下地効果を兼ね備えているものが理想。ベースを重ねすぎると美肌から遠ざかるので賢く選んで」と岡本さん。

塗り方のコツは?

UVコスメの効果は年々上がっています。だからこそ、その効果をきちんと肌にとどめておくためにも”パパっと”では、足りないようです。
「手のひらでのばすとつけすぎてしまうので、指のハラ(人差し指、中指、薬指)で丁寧に塗ります。 気になる箇所には重ねづけ。私は紫外線を浴びやすいおでこと頬骨のあたりに2度塗り。今季の日焼け止めのトレンドは“トーンアップ 効果”。くすみがちな敏感肌も明るい肌へ導いてくれるものが多いですよ」

美容家の岡本さんもお気に入りのラッシュ ポゼのUVイデア XL プロテクショントーン アップ SPF50+・PA+ +++。敏感肌も明るく透明感をもたらしながら、しっかり紫外線をブロックしてくれる、信頼できる1本だそうです。 30ml ¥3,400(税抜) /ラ ロッシュ ポゼ

”老け印象”を寄せつけないためにも、今から自分好みの1品を見つけ、コツコツとUVケアを続けていきましょう!

関連キーワード

関連記事