美容やダイエットに◎レモン白湯の効果的な飲み方は起き抜けの一杯!?

美容やダイエットに◎レモン白湯の効果的な飲み方は起き抜けの一杯!?

インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」の考えから生まれた白湯。健康法として取り上げられている白湯は、美容やダイエットにも効くと話題になりモデルや海外セレブにも愛飲されています。今回は白湯の中でも美容にいいと話題のレモン白湯について紹介します。

白湯とレモンが美容やダイエットのサポートになる理由とは

白湯にはアーユルヴェーダの考えである「火(ピッタ)」「水(カファ)」の要素があります。白湯は熱々のお湯を人肌くらいの温度まで冷ました「湯冷まし」のことを指し、この温かさ=火の要素であるピッタが、消化を助け、便秘や下痢の改善となる整腸作用や、新陳代謝の促進、冷え性の改善など、あらゆる内臓の働きや体質の改善のサポートをするそうです。

そして、この一杯の白湯に加えると優れた美容ドリンクになるのが「レモン」です。

レモンに含まれるクエン酸が新陳代謝を促進し、消化の助けとなります。また、レモンにはエリオシトリンという成分が含まれており、中性脂肪が増えるのを抑制する働きをするため、ダイエットにも良いと言われています。更に、レモンに含まれる豊富なビタミンCによって、メラニン生成が抑えられ、ニキビやしみ、肌荒れを防ぐ効果や、食物繊維の力で便秘解消の効果を高めることができると言われています。

レモン白湯の効果的な飲み方とは?

レモン白湯を飲むのに最も効果的な時間・飲み方は、朝の起き抜けの1杯と言われています。朝の1杯目をレモン白湯にすることで、朝の冷えた身体をポカポカと温めゆっくりと内臓が温められます。また、レモンの刺激が内臓を活動的にするサポートをし、栄養を吸収しやすい朝にレモンを取ることでレモンに含まれる美容効果をしっかりとキャッチ。ただし、レモンは刺激が強いので、入れる量には気をつけましょう。また、レモンは排出力が高い食材と言われているので、摂取しすぎると必要な栄養素まで体外に排出されてしまい、逆効果になってしまうこともあるそうです。レモン白湯の摂取は1日1杯までに抑え、もっと飲みたいときは白湯をおすすめします。

いかがでしたか?白湯の習慣がある方はアレンジとして、習慣のない方も、簡単にできる美容習慣なので、是非お試しください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事