アイテムによって違いが出る!リッキッドファンデーションの塗り方

アイテムによって違いが出る!リッキッドファンデーションの塗り方

リキッドファンデーションには、スポンジ・指・ブラシなど、様々な塗り方がありますが、どのアイテムで塗るかによって、仕上がりの印象が大きく変わります!アイテム別の特徴をご紹介しますので、是非チェックしてくださいね。

リキッドファンデーションは、塗り方ひとつで差が出る?

リキッドファンデーションを塗るアイテムには、スポンジ・指・ブラシなど、様々なものがありますが、普段何を使って肌に塗っているでしょうか?

どれを使っても同じなのでは、と思っている方もいるかもしれませんが、塗り方ひとつで仕上がりや印象が大きく変わってくるんですよ!

リキッドファンデーションは、どうやって塗るのがベスト?

それでは、アイテム別に特徴をご紹介をします。どのように仕上げたいかによって選んでみてくださいね。

【リキッドファンデーションを何で塗る?仕上がりは?】

<スポンジ>
スポンジを使ってリキッドファンデーションを塗る場合は、余分なファンデーションをスポンジが吸収してくれるので、厚塗りを防げます。また、一定量を肌に塗ることが出来る為、小鼻や目元などの細かい部分までキレイにファンデーションを塗りやすいと言われています。薄く均一に塗ることが出来る為、ナチュラルメイク派・メイク初心者さんにオススメのアイテムです。デメリットは、スポンジがファンデーションを吸ってしまうので、多めの量のファンデーションを消費してしまうことです。

<指>
道具が必要ないので、一番手軽なのが指を使って塗る方法です。指にリキッドファンデーションをつけると、手の温度で温まるので肌馴染みが良くなり、より肌に密着させることが可能になります。肌に密着する分カバー力のある仕上がりになる為、カバー力が欲しい方にオススメの塗り方と言えます。デメリットは、均一に塗るのが難しい為、ムラになりやすくヨレの原因になることもあるということです。

<ブラシ>
一回で塗れる範囲も広く、短時間で均一にリキッドファンデーションを塗ることが出来ます。毛穴をしっかり埋め込んでくれるので、透明感のある自然なツヤ肌を作れることが最大のメリットです。デメリットは、ブラシは雑菌が増えやすく、お手入れに若干手間が掛かります。また、慣れないとブラシの塗り跡が残ってしまうこともあります。

いかがでしたか?使うアイテムによって、仕上がりや印象が変わりますので、どのような仕上がりにしたいかによって、色々試してみてくださいね!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事