化粧崩れしやすい「顔汗」を抑えてサラサラ肌をキープする簡単テク

化粧崩れしやすい「顔汗」を抑えてサラサラ肌をキープする簡単テク

夏になると身体だけでなく顔にも汗をかきますよね。顔汗をかくとファンデーションやアイメイクが崩れやすくなるので、汗を止めたいと思う方も少なくないはず!そこで、顔汗を抑えつつサラサラ肌をキープするある方法をご紹介します!

リンパ節を冷やす!? 顔汗を抑えて速攻サラサラ肌に!?

顔に汗をかいてそのままにしておくと、ニキビができやすくなったり、ベースメイクが崩れてしまいます。顔汗は体温が上がることで流れ出てくるそうなので、メイク前や外出先で顔汗をさっと抑えるなら、リンパ節を冷やして体温を下げてあげましょう。

顔汗を抑えるには、顔を冷やせばいいと思いがちですが、首の後ろと脇の下にあるリンパ節を冷やすことがポイントです。冷却シートや冷やしたタオル、凍らせたペットボトルなどを使って、首の後ろと脇の下を抑えるように冷やしてくださいね。

メイク後の顔汗対策、サラサラ肌にするには?

メイクを完璧に仕上げたのに、仕事場や学校に着いたときには顔汗でファンデーションがドロドロになっていたという経験はありませんか?

顔汗をかいてしまったあとは、なるべくすぐに顔専用の汗拭きシートや洗顔シートを使って優しく汗を吸い取ってあげましょう。肌の刺激となりやすいアルコールが含まれているものもあるため、アルコールが使われていないものをチェックして選んでくださいね。

顔汗を拭いたら、収れん化粧水やミスト化粧水を顔全体にかけて肌を引き締めたあと、デオドラント成分や皮脂をコントロールする成分が入ったパウダーをさっと叩いてサラサラの肌にしてあげましょう。夏は顔汗対策のためにも、収れん化粧水やミスト化粧水をスプレー容器などに入れ替えて常に用意しておきましょう。

また、適度な運動や入浴で毎日汗をかくことで汗腺の働きが活発になり、サラサラした汗が出やすくなると言われています。べたついた汗はより化粧崩れしやすいので、日頃から適度な運動をして汗腺を鍛えつつサラサラの汗をかく努力をしてみるのもいいかもしれません。

厄介な夏の顔汗を優しくケアしてサラすべ肌へ!

顔に汗をかいてしまったら、首の後ろや脇の下を冷やして体温を下げたり、洗顔シートで汗を吸い取ってから化粧水で肌を引き締めてパウダーを重ねてあげましょう。毎年夏になると、顔汗に悩まされるという方はぜひ試してみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事