ダイエットには効果的な時期がある!生理周期との関係を知ろう

ダイエットには効果的な時期がある!生理周期との関係を知ろう

ダイエットに効果的な時期があるってご存知ですか? それはひと月に1回やってきます。そうです! 生理周期と関係しているのです。逆にダイエットしても...

ダイエットに効果的な時期があるってご存知ですか? それはひと月に1回やってきます。そうです! 生理周期と関係しているのです。逆にダイエットしても効果が出ない時期もあります。その時期にダイエットしても、ストレスがたまるだけかもしれません。ダイエットに向く時期を知って、効率よく、シェイプアップしましょう。

排卵前後の2週間がチャンス!

Licensed by Getty Images

ダイエットに効果的なのは、生理が終わった日から約2週間のあいだです。排卵の前後1週間ずつといったほうが正確かもしれません。

生理後から排卵にかけては、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が増えるため、体が軽やかで、活発に動けて、代謝もアップします。余分なものを体からデトックスする時期でもあるので、メリハリボディをつくりやすいときです。

排卵日はもちろん、今、自分のホルモンバランスがどのくらいの時期かを知るには基礎体温を測っておくと便利です。ダイエットの目安にもなります。

代謝がアップする時期に着火剤となる栄養を摂る!

Licensed by Getty Images

エストロゲンの分泌が増えて代謝がアップするということは、当然、脂肪や糖質の代謝も活発になります。脂肪や糖質を効率よく燃やすには、着火剤であるビタミン、ミネラルを効果的に摂ることが必須。
食事のときには、たんぱく質、炭水化物に加えて、意識して同時にビタミン、ミネラルを摂るように心がけましょう。

排卵前後は体重減を実感しやすい

Licensed by Getty Images

適度な運動も効果的です。特に排卵前後は、水分や老廃物の排泄もスムーズです。むくみからも解放されますから、体重減が実感しやすく、ダイエットの成果が表れるので、ストレスなくやる気になれます!

特にビタミンB群を上手に摂ってから運動し、余分なものを燃やしてしまいましょう。食べないダイエットは、効果が出ません。バランスよく燃やす食材をしっかり摂って、運動することが大事です。

運動の習慣がない人は、軽い有酸素運動から始めます。1日30分のウォーキングは有効です。1日10分を3回に分けてもいいので、毎日続けることで効果が高まります。水分補給も忘れずに。

でも無理なダイエットは禁物です。体はもちろん、心にも肌にもよくありません。将来の骨粗しょう症の原因にもなります。女性は体脂肪が12%を切ると、生理が来なくなり、肌がカサカサになるといわれています。“キレイ=元気”を維持するためにも健康的なダイエットを心がけてください。

ウォーキングしても体重が落ちにくい、そんなときは?

Licensed by Getty Images

生理中と生理前の過ごし方は大丈夫でしょうか? ダイエットを目指しているとき、生理前から生理中の過ごし方にも注意が必要です。

この時期はトラブルも多く、低調不良になりやすい時期。高温期(基礎体温が高い時期)には、女性ホルモンのひとつプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えるため、むくみやすく、体重も増加しがちです。

メンタルも不安定なので、ダイエットには向かない時期です。体重計に乗っても思うような成果がでません。イライラしたり、落ち込んだりしがちなので、体も心も休め、ダイエットは小休止して、ゆっくり過ごしたほうが得策。

冷えはダイエットの大敵です

Licensed by Getty Images

体は冷えていませんか? 最近、冷えを自覚する女性が増えていますが、自分で冷えを自覚していない人も結構います。「頭や顔がのぼせる」「夜、暑くてお布団から足を出してしまう」という人も冷えている証拠です。
冷えていると血巡りが悪くなり、代謝が上がらず、やせにくく、太りやすい体になりやすい。それに、血行が悪いとリンパの流れが停滞したり、卵巣機能が低下しやすく、ホルモンのバランスが崩れて不調が出やすくなります。くすみやすく、荒れやすい肌トラブルにもつながります。

シャワーだけ?湯船で温まるべし!

Licensed by Getty Images

暑いからとシャワーだけで済ませる人がいますが、自分で気づかなくても体の奥は冷えていますので、湯船で温まることが大事です。代謝アップにもつながりますので、ダイエットを考えるなら、毎日、湯船で温まってください。

食事では、冷たいものの摂りすぎに注意。これからの季節はついつい冷たい飲み物やアイスクリームなどをたくさん摂ってしまいますが、これは気をつけて。胃腸の弱い人は胃腸の機能を弱めたり、腸内細菌のバランスが崩れると代謝がダウン。デトックス機能も低下します。できるだけ、夏でも常温か温かいものを飲食するように心がけましょう。

文/増田美加

関連キーワード

関連記事