ファスティング後は“たんぱく源”のとり方が、美ボディづくりを左右する

ファスティング後は“たんぱく源”のとり方が、美ボディづくりを左右する

気温が上がるにつれて、肌の露出が多くなってきます。ボディラインを引き締めたい、キレイな体作りを目指したい!と思ったとき、まずはファスティングで体...

気温が上がるにつれて、肌の露出が多くなってきます。ボディラインを引き締めたい、キレイな体作りを目指したい!と思ったとき、まずはファスティングで体内の滞りを一掃しようと思う人も。そのキレイになったカラダを、より効果的に引き締めるためのの総仕上げとなるのが、回復食と、どんなたんぱく質をとるか。その理由を今一度、確認してみましょう!

忘れないで!内臓を含め、カラダのほとんどはたんぱく質でできている!

Licensed by Getty Images

ファスティング指導もしている、まいこ ホリスティック スキン クリニックの山崎まいこ院長曰く「ファスティングで最も大事なのは、回復食」なのだそう。「ファスティングをして”赤ちゃんの腸”になっているところに、重い食事を与えるのはよくありません。固形物や刺激物は避けること。そしてタンパク質も徐々に摂取していくべきで、ヨーグルトや豆乳、プロテイン飲料などで腸をならしてから、肉や魚を食べるといいでしょう」と。

ファスティング後にも摂りやすい、おすすめのタンパク源

タンパク質といってもさまざまある中で、回復食のタイミングには特にタンパク質量が多いグリークヨーグルトがおすすめ。ここで間違うとリバウンドしやすく、せっかくのファスティングが台無しになることもあるので注意して。

〈右から〉コクがあるのに後味すっきりの無調整豆乳。ひとつ上の豆乳 200ml オープン価格/マルサンアイ 高タンパクで脂肪ゼロ。酸味が少なく、口どけのいい濃厚な味わい。明治THE GREEK YOGURT プレーン 100g ¥140/明治 22種のオーガニック植物やライスプロテインをブレンド。サンフード スーパーフーズ オーガニックスーパーグリーンズ&プロテイン 227g ¥4,500/アリエルトレーディング

キレイになるためのせっかくの努力。無駄にならないよう、良質なタンパク質の摂取を心がけましょう!

※プライスはすべて税抜です。

関連キーワード

関連記事