そのフケ…ただのフケじゃないかも!? 原因やおすすめのケア方法

そのフケ…ただのフケじゃないかも!? 原因やおすすめのケア方法

しっかりケアしているにもかかわらず、すぐにかゆみやフケがでるなどの頭皮トラブルに悩まされてはいませんか?特に気温が上がってくるこれからの季節はより注意が必要です。フケができる原因や対処法についてチェックしていきましょう。

フケが出る原因は何?注意すべき皮膚炎について

女性であれば誰もが気になるヘアトラブルのひとつ「フケ」。発症する基本的な原因は頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌が影響していますが、症状によってはただのフケではなく皮膚炎にあたる可能性もあると言われています!

<そのフケ、脂漏性皮膚炎かも?>
脂漏性皮膚炎の場合、皮脂と呼ばれる天然の油分の層が硬く厚くなり乾燥して剥がれ落ち、肌や衣服に散らばるそうです。特に生え際あたりの頭皮がひどくヒリヒリし、黄色がかった脂っぽい皮が剥けることもあると言われています。

原因はストレスやホルモンバランスの乱れなどが関係しているそうなので、心当たりがある女性は生活習慣を見直すことをおすすめします。症状がひどい場合はお近くの専門医に相談しましょう。

<そのフケ、頭部粃糠疹かも?>
男性ホルモンの一種であるアンドロゲンが影響している皮膚炎の一種で、白か灰色の薄片が部分的にあるいは頭皮全体に現れやすくなります。乾燥を防ぐマイルドなタイプまたはフケ専用のシャンプーで洗えば1〜2週間で改善が見られるそうですが、それでも治らない場合は専門医に相談するようにしましょう。

フケそのものは、人から人へうつることはありませんが、フケを引き起こす原因となる「白癬菌」の場合、うつる可能性があるそうです。髪を乾かす時は清潔なタオルを使い、他の人と一緒に使ったり湿ったタオルを使わないよう注意しましょう。

フケを解消するおすすめのケア方法

フケの改善におすすめのハーブ療法についてご紹介します。

【フケの改善効果を期待!ハーブ療法のやり方】
<材料>
・キャリアオイル(あんず油・ごま油etc…)50ml
・シダーウッドオイル 10滴
・ティーツリーオイル 10滴

<やり方>
1.材料全てをボウルの中で混ぜ合わせ、頭皮によくすり込みます。
2.髪をタオルで包んだら30〜60分間置きます。
3.シャンプーで洗い流し、コンディショナーでケアしたらドライアーでしっかり髪を乾かします。

いかがでしたか?フケは印象がよくないだけでなく、頭皮の環境を悪化させるため抜け毛の原因にもなりやすいと言われています。髪の健康維持のためにも、この機会に生活改善やハーブ療法などでフケ対策をはじめてみてはいかがでしょうか?また、症状がなかなか治らない場合は、お近くの専門医にご相談されることをおすすめします。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事