口腔マッサージで気になるエラ張り解消ができる!? そのやり方とは!

口腔マッサージで気になるエラ張り解消ができる!? そのやり方とは!

ふと鏡を見て「あれ?私ってこんなにエラが張ってたかしら?」と、びっくりした経験はありませんか?エラが張って見えるのは生まれつき持つ骨格の印象だけではなく、噛み癖によって「咬筋」が肥大化したことが原因とも言われているんです。

エラ張り解消におすすめ!口腔マッサージのやり方

それでは早速、口腔マッサージのやり方についてご紹介します。

【エラ張り解消!? 口腔マッサージのやり方】
マッサージ前に、必ず手を洗ってから行うようにしましょう。

<やり方>
1.左手の指の腹で左頬の外側を(耳たぶより少し上部分)押し、右手の人差し指は口の内側から耳たぶより上部分を押さえます。口の中は左右、外側は上下に10回揺らしましょう。
2.続いて、手前をマッサージしていきます。頬(外側)に左手の指を2本添え、鼻の手前まで移動したら右手の人差し指(頬の内側)も同じようにずらします。口の中は左右に、外側は上下に10回揺らしましょう。
3.左手の指の腹でエラ部分をプッシュしながら、右手の人差し指は内側からエラ部分を押さえます。両手の指で咬筋を挟むように口の中は左右に、外側は上下に10回揺らしましょう。
4.右手の人差し指を顎の方に少し移動させ、左手の指の腹も同じ位置に移動します。両手の指で咬筋を挟むように口の中は左右に、外側は上下に10回揺らしましょう。
5.1〜4の動作を反対側も同様に行います。

<ポイント>
口腔マッサージは少し痛いかも?という強さでマッサージするのがポイントと言われています。また、爪が伸びている場合は口の中を傷つける可能性がありますので使い捨てグローブなどを装着するようにしましょう。

エラ張り解消をより確実に!? 咬筋ほぐしのやり方

時間のある方は、口腔マッサージの前に咬筋ほぐしをおすすめします。咬筋をしっかりほぐしてあげることで、より高い効果が期待できますよ。

【咬筋ほぐしのやり方】
1.口を軽く開け、両手でエラを押さえます。
2.エラを手でゆっくり押し込むようにグッと力を入れます。この状態を10秒間キープしましょう。
3.10秒間かけて上に持ち上げます。
4.2〜3の動作を5回繰り返しましょう。
5.最後に、両手の親指を使って顎先からエラに向かって円を描くように5回ほぐしていきます。

いかがでしたか?口腔マッサージを毎日行うことで、まるで整形したかのように!? 顔の変化を実感する人もいると言われています。効果の実感は個人差がありますが、エラ張りに悩まされている方は、是非一度お試しください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事