甘い恋にも効く!? ローズ茶で女性ホルモンバランスを整えよう!

甘い恋にも効く!? ローズ茶で女性ホルモンバランスを整えよう!

今年こそは彼氏をゲットしたい!でも出会いの場に行くのはなんとなく面倒だし…と草食女子化してませんか?そんなあなたにおすすめなのがハーブティーの一種である「ローズ茶」です。飲み続ける毎に色気のある魅力的な女性に変身できるそうですよ!

女性ホルモンバランスを整える!? ローズ茶について

バラは絶世の美女「クレオパトラ」がベッドやお風呂に浮かべ、普段から愛用していたことで有名ですが、お茶として飲むことで女性に嬉しい様々な効果が期待できます。

【ローズ茶の嬉しい効果とは?】

<エストロゲンの分泌を促進>
バラの香りを嗅ぐことで女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の分泌を促進し、PMSや更年期障害の改善に良いと言われています。

<媚薬効果>
バラには「ゲラニオール」という成分が含まれており、交感神経を活性化させドキドキ感や高揚感をもたらすことから昔から媚薬代わりに使われてきたそうです。

<美肌効果>
抗酸化作用が高いビタミン類が豊富に含まれていることから皮膚のハリ・潤いを取り戻すことに繋がるほか、色素沈着の予防にも役立ちます。

女性ホルモンの味方「ローズ茶」の飲み方・注意点

ローズ茶を淹れる時に使用する水は湧き水など石灰分とマグネシウムが少ない軟水がおすすめです。例えば、浄水器でミネラル分を取り去った純水は超軟水なのでお茶の味を引き立ててくれるそう。逆に硬水(ヨーロッパ産のミネラルウォーターなど)は不向きと言われています。水道水を使用する場合は一晩置き、カルキ臭を飛ばしてから使用すると尚良いでしょう。

【ローズ茶の淹れ方】
<淹れ方>
1.蓋つきのティーポットにティースプーン2杯程のドライローズを入れます。
2.1に200cc程の熱湯を注ぎ、そのまま3分間ほど置きましょう。

<ポイント>
お湯の温度は高い方が(95度が目安)ハーブの成分をたくさん抽出しやすくなります。しかし、香り成分が飛んでしまう可能性がありますので直接煮立たせるのは控えることをおすすめします。

【ローズ茶の飲み方・注意点】
ローズ茶を飲む際、まずは香りを堪能するようにじっくりと味わうと良いでしょう。そうすることで鼻から脳へバラの揮発成分(アロマ)が届き、体の内側からホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。

いかがでしたか?恋人も美しい美貌もゲットしたい!という女性は是非この機会にローズ茶を飲んでみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事