毎日洗顔しているのになぜ!? 鼻に「白い角栓」ができる原因とは

毎日洗顔しているのになぜ!? 鼻に「白い角栓」ができる原因とは

毎日しっかりと洗顔しているはずなのに、何故かできてしまう鼻の「白い角栓」。メイクで隠しても目立ってしまうし、放っておくと毛穴の黒ずみやニキビの原因になってしまいます!角栓ができてしまう原因とそのケア方法についてご紹介します。

いつの間にかできている鼻の「白い角栓」の原因は?

「角栓」は過剰に分泌された皮脂(油分)と古い角質が混ざり合って毛穴に詰まったものだとされています。

正常な肌は、ターンオーバーを繰り返し、自然と古くなった角質は剥がれ落ちていくのですが、ターンオーバーが乱れることで、どんどん溜まっていきます。特に皮脂の多い鼻や顎・口周り・眉間などに角栓ができやすいと言われています。

角栓が生じる主な原因には、以下のようなものがあります。

【角栓になる原因とは】
<メイクや汚れが落ち切っていない>
毎日クレンジングや洗顔をして、キレイに洗っているつもりでも、きちんと落とし切れていない場合があります。そうすると、汚れと皮脂が混ざり合い、角栓の原因になります。

<過剰な皮膚の分泌>
オイリー肌の方は、余分な皮脂が多いので、角栓ができやすいと言えます。また、見た目は皮脂が多いけれど、実は肌の内側は乾燥している「インナードライ」の状態でも、肌を乾燥から守る為に、皮脂が過剰に分泌されることがあります。

<乾燥>
肌に必要な水分や油分が少なくなると、毛穴周りの角質が硬くなり、角栓が溜まりやすくなります。

<間違ったスキンケア>
毎日のスキンケアが、実は角栓の原因となっていることもあります。毛穴シートパックや、過度なピーリングなど、肌を傷つけてしまうようなケアをしていると、肌のターンオーバーを乱します。また、肌を擦ったり、洗浄力の強いクレンジングオイルを使ったりすることで、肌に負担が掛かると、肌が乾燥して硬くなってしまい、毛穴が詰まり、角栓ができてしまいます。

鼻の「白い角栓」を改善する方法とケアのポイント

それでは、できてしまった角栓の対処や予防についてご紹介します。

【できてしまった角栓への対処法】
<酵素洗顔>
普段の洗顔では落としきれない頑固な皮脂汚れを取り除くには「酵素洗顔」がオススメです。酵素洗顔をすることで、毛穴に詰まった汚れや皮脂を落とすことが出来ます。
<蒸しタオル洗顔>
蒸しタオルをあてて肌をやわらげてから洗顔することで、毛穴に詰まった角栓や汚れを洗い流しやすくなります。

なお、角栓が気になるからといって、ピンセットなどで角栓を取り除いたり、ゴシゴシ擦りながら洗顔するなどは更なる肌トラブルに悪化しかねませんので、やめましょう。


【角栓の予防法】
<クレンジング・洗顔を見直す>
角栓の予防には、不要な角質や皮脂を取り除くことが大切です。角栓が溜まりやすいという方は、オイルやゲルタイプのクレンジングがおすすめです。洗顔は、たっぷりの泡で毛穴の汚れを浮き上がらせながら、優しく洗うようにしましょう。
<肌を乾燥させない>
角栓を生じさせない為には、皮脂と水分のバランスが大切。肌を乾燥させないように心掛けましょう。屋内では空調の関係で意外と乾燥しやすいので保湿ケアは十分に行いましょう。

<睡眠をしっかりとる>
睡眠中は肌の新陳代謝が行われる大切な時間です。寝不足は皮脂汚れを促進するとも言われていますので、質の良い睡眠ができるよう、生活習慣の見直しなどにも気を配りましょう。

<食生活を整える>
脂っこいものや甘いものばかり食べていると、皮脂の分泌を増やす可能性があり、角栓の原因になることがあります。

いかがでしたか?できてしまうと、とても気になる鼻の「白い角栓」。正しい角栓ケアを行い、素肌美人を目指しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事