汗をかいても夏は意外とむくみやすい?気になるその原因と対策とは

汗をかいても夏は意外とむくみやすい?気になるその原因と対策とは

夏はたくさん汗をかくので、むくみとは無縁だと思っていませんか?実は、夏の生活習慣にはむくみを招きやすい要素がたくさんあるのです。なんだか最近、顔や足がパンパン…そんなむくみの原因と対策を知って、夏もスッキリと過ごしましょう!

夏は意外とむくみやすい?その原因とは

汗をかく機会が多い夏。あまりむくむことがないように思えますが、夏の生活習慣にはむくみを招きやすい要素がたくさんあります。

【夏は代謝が落ちやすい】

<筋肉量の低下>
暑いのであまり体を動かすことがなく、筋肉量が下がりがちに。足の筋肉がポンプのように働き、心臓に血液を送るので筋肉量が減ると代謝が落ち、体内の余分な水分や老廃物を溜め込みやすくなります。

<冷え>
外は暑いのに部屋の中は涼しいを通り越して寒い時がありますよね。冷たい飲み物を飲む機会も増え、体が冷えることも代謝が悪くなる原因の一つです。

<入浴せずにシャワーのみ>
暑いので湯船に浸からず、夏はシャワーで過ごす方も多いのでは?冷房で冷えてしまった体を温めることが出来ずにそのままでいると、血の巡りも悪くなります。

【夏の自律神経の乱れ】

<寒暖差>
体と心のバランスを保つ自律神経は急激な温度差に弱いと言われています。部屋の中と外との寒暖差や日中と夜の気温の変化などにより自律神経が乱れがちになることも。

<寝不足>
暑さによりよく眠れないこともリラックス状態をもたらす副交感神経にうまく切り替えられず自律神経が乱れる原因に。

【水分や塩分の摂りすぎ】
夏の水分補給は熱中症対策のためにもとても重要ですが、ビールなどのお酒が進みついつい飲みすぎてしまうと水分過多になることも。それに加え、お酒の席はしょっぱいものも多いので、塩分も余分に摂ってしまい悪循環に。

夏にむくみやすい原因は「筋肉量の低下」「自律神経の乱れ」「水分や塩分の摂りすぎ」という大きな3つの要素によるところが大きいようです。

夏のむくみ対策は「代謝を落とさないこと」が大切

それでは、夏のむくみに対策に欠かせない代謝をあげる方法をご紹介します。

【筋肉量の低下を阻止!】
足の筋肉がポンプの役割をして心臓に血液を送り代謝が上がるので、足の筋力を落とさないことが大切です。階段を使ったり簡単な筋トレを毎日取り入れましょう。ヒップの引き締めにも役立つ股割りがおすすめです。

<股割りの仕方>
1.足を肩幅よりも少し大きく開き、手を腰にあてます。
2.膝を90度まで曲げ、そのままかかとをあげ爪先立ちで5秒キープする
3.これを5回繰り返します。

【自律神経の乱れを阻止!】
夜はぬるめのお風呂で体を温めることで副交感神経に切り替わりリラックス効果が期待できます。下がった代謝も上がるので冷えを感じた時は入浴や上着を羽織るなどの体温調節が重要です。

【水分や塩分はカリウム豊富な食材で排出!】
カリウムが含まれる食材で塩分を体外に排出するように促しましょう。プルーンやキウイフルーツ、バナナなどお酒を飲んだ後にすぐに食べられるようにドライフルーツで持ち歩くのがおすすめです。

いかがでしたか?夏のむくみを撃退して毎日スッキリと過ごしたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事