超便利な日焼け止めスプレーを上手に使ってしっかり紫外線対策を!

超便利な日焼け止めスプレーを上手に使ってしっかり紫外線対策を!

ジェルタイプやミルクタイプなどの塗る日焼け止めよりも、もっと手軽で広範囲に使えるのがスプレータイプの日焼け止め。便利な日焼け止めスプレーですが正しく使えていないと満足な紫外線対策ができません。今回はその使い方のポイントをご紹介します!

紫外線対策、日焼け止めスプレーのメリットとは?

日焼け止めスプレーにはあらゆるメリットがあります。

まず、なんと言っても手軽さ。片手でシュッとスプレーするだけで肌や髪の紫外線対策ができ、塗り直しも手を汚すことがないのが嬉しいですよね。

そして、手の届きにくい背中やうなじなどの部分も日焼け止めスプレーなら一人で噴霧できます。また、枝毛や頭皮の乾燥を引き起こす髪の日焼けにも、紫外線対策をすることができます。

ただスプレーするだけではダメ!? 日焼け止めスプレーの正しい使い方

日焼け止めスプレーは、ただスプレーをすればいいというわけではありません。ムラなく均等にスプレーするためにはポイントがあります!

まず、日焼け止めスプレーを上下にしっかり振り、肌や髪から10cm以上は離して同じ部分に長時間吹きつけないように、広範囲に振りかけましょう。

また、スプレーの仕方によってはムラになることもあるので、しっかりと紫外線対策をしたい方は、肌にスプレーをした後、手のひらで伸ばすとより効果的です。顔に使うときには、近距離でスプレーすると危険を伴うため、手のひらにシュッとスプレーしてから顔全体に伸ばすのがおすすめです。

日焼け止めスプレーもジェルタイプやミルクタイプなどの日焼け止めと同様に2〜3時間おきにこまめな塗り直しが必要です。汗をかいたあとやタオルで拭き取ったあとは日焼け止め効果が弱まっている場合があるので、日焼け止めスプレーを持ち歩いて2〜3時間経過していなくてもこまめに吹きかけましょう。

日焼け止めスプレーで紫外線対策を簡単に済ませよう!

忙しい朝は日焼け止めを塗る時間が取れない、塗りムラが気になってしまう…などというときには日焼け止めスプレーがとても便利です。日焼け止めスプレーの使い方をしっかり押さえて、手軽に紫外線対策をしてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事