意外とかきやすい胸元の汗…胸元の肌をサラサラに保つ方法とは?

意外とかきやすい胸元の汗…胸元の肌をサラサラに保つ方法とは?

暑くなると、胸元に汗をかいてベタつきやニキビが気になる…と悩んでいる方も少なくないのでは。胸元の汗をそのままにしておくと、毛穴を詰まらせてニキビや吹出物ができてしまう場合があるため、簡単な汗対策でサラサラ肌を保つことが大切ですよ。

胸元に汗をかくとあらゆる悩みが…

寒い時期はあまり気にならなかった胸元の汗も、夏は特に気になる方も多いのではないでしょうか。胸元に汗をかくと、ベタつきが気になる、洋服に汗染みができる、下着が透けて見える、ニキビや吹出物ができる、洋服が張り付いて不快…などあらゆる悩みが出てきます。

セルフケアで胸元の汗を抑えて快適に過ごすには?

胸元に汗をたくさんかくと、洋服が透けて見えてしまいますが、汗を吸い取ってくれる吸水性に優れたインナーや速乾性のある下着を着用することで、洋服に汗染みがつきにくくなります。

ニオイが気になる方は抗菌や消臭効果がついたインナーを、着膨れしたくない方はブラジャーに汗取りパットが付いているもの、汗をかいたときの不快感が嫌な方は冷感機能が備えられたインナーや下着がおすすめです。

また、お気に入りのブラジャーの形崩れが気になって、洗濯せずにいると吸収した汗や皮脂から雑菌が繁殖して肌トラブルの原因になってしまいます。形崩れを防ぎたい場合は、手洗いをしてしっかり乾かし、清潔な状態を保ちましょう。

外出先で胸元の汗に気づいたときには、濡らしたタオルやハンカチで汗を吸い取ったり、香り付きのボディシートを使って優しく拭き取るといいでしょう。アルコール入りのボディシートは胸元に刺激を感じる場合があるので、敏感肌でも使えるアルコールフリーのボディシートがおすすめですよ。

毎日使うことはおすすめできませんが、大切な日や絶対胸元に汗をかきたくない日には、制汗剤を使って汗を抑える方法もあります。シャワーを浴びたあとや、濡らしたタオルなどで汗を拭いてからスプレータイプの制汗剤を胸元にシュッと吹きかけるだけでOKです。制汗剤を使った日は念入りに洗い流し、次の日は肌を休ませてあげましょう。

胸元の汗対策をしてベタつきを予防しよう

胸元はデリケートな部分でもあるため、他の人に相談しにくく、なにをしたらいいかわからない方は、ご紹介した汗対策をご参考に胸元のサラサラ肌をキープしてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事